パケット交換ネットワーク

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

パケット交換ネットワークとは

パケット交換ネットワークとは、通信が必要なとき以外は回線を開放し、複数人が同じ回線を共有することができるネットワークです。

広範囲のデータ通信においては、多くの人がネットワークを共有できた方が望ましいでしょう。

回線交換ネットワークでは専用線を引きますが、待機していても専用線用に回線を保持しておかなければなりません。

そのため、インターネットでのWebコンテンツを扱うような広域のネットワークでは、パケット交換ネットワークの方が優れていると言えます。

パケット交換ネットワークに関する最初の研究は、国防高等研究計画局(DARPA)における1960年代初頭に実施されました。その研究は、インターネットの前身であるARPAnetの作成につながりました。