急成長し続けるBraveブラウザ―パンデミック中でもユーザーベースで100万人増加

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

月間に100万ユーザ追加されたことが公表

Braveブラウザは、プライバシー保護に特化しながら、自動広告削除・処理速度・ユーザビリティを保持するブラウザだ。

最も大きな特徴としては、Webコンテンツ作成者に対して仮想通貨であるBATを供給できる仕組みである。

Webコンテンツの利用者は広告を見ることで得られるBATポイントを、お好きなWebコンテンツ作成者にBATポイントという形で送付できることで、広告収入に頼る現代のWeb業界に一石を投じている。

そして、2020年3月中に100万ユーザ増加されたことが4月1日に公表された。

パンデミック中でも活性化する業界として並ぶ

この発表は、Braveのマーケティング責任者であるデ・マーティン(Des Martin)のTwitterを通じて行われました。

その後、デ・マーティンは、『パンデミック中に100万ユーザ増えるのはどんな会社だろう?HouseParty、Zoom、Slack、、、他には?』と、この結果にかなり評価しているようだ。

COVID-19の世界的なパンデミックの中で、より多くの人々が自己検疫のために自宅滞在しており、ユーザー数の急増はWeb使用の増加によるものだと見込まれる。