BATが『実世界の報酬』となる転換点か―Braveブラウザでスタバのコーヒーを飲もう

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

Braveブラウザのパブリッシャーが50万を超える

Braveブラウザは、プライバシー保護に特化しながら、自動広告削除・処理速度・ユーザビリティを保持するブラウザだ。

最も大きな特徴としては、Webコンテンツ作成者に対して仮想通貨であるBasic Attention Token(BAT)を供給できる仕組みである。

Webコンテンツの利用者は広告を見ることで得られるBATポイントを、お好きなWebコンテンツ作成者にBATポイントという形で送付できることで、広告収入に頼る現代のWeb業界に一石を投じている。

そして、ユーザーからBATを取得しようとしているパブリッシャーの数は、50万人の登録となっているようだ。

実報酬への転換点

2020年4月15日、BraveブラウザがTAPネットワークと提携することが公表された。

これにより、ユーザーがBATをスターバックスやAppleなどの250,000を超えるブランドの「実世界の報酬」に引き換えることができるようになった。

今後、日本国内でもBATの信頼性は確保できるか注目したい。