ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)とは

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)とは、ソフトウェアを開発する段階に分けたものです。

ソフトウェア開発は情報システムビジネスで中心となります。ソフトウェア開発はモデル化さされており、開発工程は6段階にわかることで整理することができます。

  1. プラン(planning) どんなソフトウェアにする?
  2. デザイン(design) こうしたら実現できそうだ
  3. 実装(implementation) よし作ろう
  4. テスト(testing) ちゃんとできたかな
  5. リリース(deployment) ユーザに使ってもらおう
  6. メンテナンス(maintenance) ちゃんと動いているかな

メンテナンスが終わったら、またプランに戻ります。こうしてソフトウェアはより大きくなっていきます。

フレームワークによって定義が違う

SDLCは基本的にやることは同じですが、定義している団体やフレームワークによって若干呼び名が変わります。

NIST SDLC

  1. セキュリティ計画の準備
  2. 初期
  3. 設計/開発
  4. 実装
  5. インストール
  6. テスト
  7. 認定
  8. 稼働/保守
  9. 廃棄

DOJ SDLC

  1. 初期
  2. 要件定義
  3. 計画
  4. 必要事項の分析
  5. ユーザ設計
  6. システム設計
  7. 統合とテスト
  8. 実装
  9. 稼働と保守
  10. 廃棄

どのような定義を使うのかは状況によりますが、基本的に十する内容に差異はありません。