Slammer

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

Slammerとは

Slammerとは、マイクロソフトサーバの脆弱性を利用して、 ランダムなIPアドレスに自分のコピーを作るウイルスです。

自身で感染範囲を広げるためワームに分類されます。自分をコピーするだけの367バイトのウイルスですが、たった15分でインターネット上の約半分サーバに感染しました。

これによりネットワークが混雑し、アメリカ警察のサービス停止や航空機オンライン予約できなくなるなど破壊的な損害を与えました。

実際には、6か月前から脆弱性パッチが出ていたのですが、パッチ当てをサボっていたことが原因の一つです。

定期パッチの重要性を教えてくれる事件になりました。