SASHIMIモデル

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

SASHIMIモデルとは

SASHIMIモデルとは、各フェーズの終点と始点の並行稼働を許したシステム開発プロセスのモデルです。

多くの場合、成果物の提出・レビューをもって次のフェーズに移行するウォーターフォールモデルが利用されます。これも素晴らしいですが、実際には引き渡しけれど要件が変わったことで修正する場合があります。

そのため、SASHIMIモデルでは次のフェーズに移る部分は、ある程度なら重なり合い可能(後戻りできる)としたわけです。

SASHIMIモデルは、フェーズ間のコミュニケーションを即座にできる中規模プロジェクトに適しています。なぜかというと、そもそもシステム開発は前フェーズの成果物を前提に後フェーズの作業が決まるため、前フェーズでの修正点を即時で後フェーズの作業者に反映する意思伝達が必要になるからです。

そのため、大規模なプロジェクト、リスクの高いプロジェクト、経験豊富な開発者がいないプロジェクトにおいては、スパイラルモデルの方が適しています。

あーマグロ食べたい。