CISSP CATの試験時間の延長について

CISSP

CISSP CATの試験時間が最大4時間に

2022年6月1日より、CAT(Computerized Adaptive Testing)形式のCISSP試験には50のプレテスト(採点なし)項目が含まれるようになります。試験中に回答する必要のある項目数は100~150から125~175に増加します。これらの追加項目を考慮し、試験の最大実施時間は3時間から4時間に増加となります。

そもそもCATとは、試験開始前にすべての試験問題が決められている方式とは違い、各問題の正解率に応じて次の問題を決めることにより、より正確な能力測定を目指した試験形式のことです。十分に能力が発揮できている場合や、全く答えられていない場合にはすぐに試験が終わります。CATでは、どの程度の問題を出すべきなのかをコンピュータ側が確認することがあるため、採点されない問題もあります。

CISSP 試験の内容には、他に変更はありません。CISSP 試験のアウトラインに含まれるドメインとドメインの重み付けは変更されていません。試験が 2022 年 6 月 1 日以降に予定されている場合、CISSP 試験にはこれらの変更が反映されます。

おすすめ書籍

新版 CISSP CBK 公式ガイド

セキュリティ専門家の国際的認証基準として需要が高まっているCISSP(Certified Information Systems Security Professional)。2005年既刊の邦訳版から12年が経ち、CISSPのドメインが変更され内容・訳語が古くなったため、最新の第4版の邦訳版を日本語公式ガイドブックとして出版。技術知識はもちろん、経営・法律知識まで完全に網羅し、セキュリティの設計・運用・実装を理解するための最高のテキスト。

更にゴールに近づくためには?

PIEDPINでは、皆様のお役に立てるように情報セキュリティ専門家になるための様々なコンテンツを用意しています。初心者の方から臨めるように、簡単に、効率よく、どこででも学ぶことができるように設計しています。

参考文献

(ISC)² 、CISSP Exam Length Change、https://www.isc2.org/notice/CISSP-Exam-Length#