模擬試験(ドメイン4)

ドメイン4の試験です。

70%以上で合格になります。

Results

すばらしい!

まだ見ていないコンテンツがあるかも。

Share your score!
Tweet your score!

#1. Voice over IP(VoIP)が主に使用するプロトコルはどれですか?

VoIPはUDPを使用します。リアルタイム重視であり、コネクションレス型で数秒後に再送信するよりも、1つか2つのパケットを失う方がよいのでしょう。

答えはUDPでしたが、VoIPが利用しているプロトコルとして覚えるべきではありません。速度やリアルタイム性が重要なサービスにおいてはUDPが使われている傾向があるルールを理解し、問題の推測することが大事です。

#2. ネットワークにQuality of Service(QoS)を実装しています。QoSの主な利点の1つはどれですか?

QoS(Quality of Service)は、特定のトラフィックを他のトラフィックよりも優先します。一般的には、VoIP(Voice over IP)といったリアルタイムの通信を必要とするUDPトラフィックに有効です。その他の非リアルタイムトラフィックは優先順位が低くなります。

#3. 攻撃者がウォーダイヤリングを仕掛けるとき、彼らは何をしようとしますか?

ウォーダイヤリング(War Dialing)とは、非公開の社内ネットワーク向けのダイヤルアップ回線などを求めて、無差別にダイヤルアップを繰り返すクラッキング行為のことです。電話番号のリストを自動的にスキャンし、通常はローカルエリアコードのすべての番号にダイアルして、モデム、コンピュータ、掲示板システム、およびFAXマシンを検索します。

#4. ネットワークルーティングにおいて、送信元と宛先の間の最適なパスを選択する独自の内部プロトコルはどれでしょうか。

〇:IGRP

内部ゲートウェイルーティングプロトコル(IGRP)は、米シスコシステムズ(Cisco Systems)社によって開発されたディスタンスベクタルーティングプロトコルであり、かつ、シスコシステムズ独自のものです。ルーティング情報プロトコル(RIP)は、送信元と宛先の間の最適なパスを見つけるために、1つの基準を使用するのに対し、IGRPは、「最適ルート」決定を行うために5つの基準を使用しています。プロトコルは、その特定の環境で最適に動作するようにネットワーク管理者は、これらの異なるメトリックに重みを設定することができます。

この問題では、”独自”がキーワードでした。独自というキーワードから特定の製品でしか使われていない技術に紐づけられるかがポイントでした。RIPやOSPFは、独自ではないため選択肢から外すことができます。

 

×:RIP

ルーティング情報プロトコル(RIP)は、独自ではないため正しくありません。RIPは、ルータがルーティングテーブルデータを交換し、発信元と宛先の間の最短距離を算出します。これは、パフォーマンスの低下や機能の不足のため、レガシープロトコルであると考えられます。小さなネットワークで使用されるべきです。

 

×:BGP

ボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)は、エクステリアゲートウェイプロトコル(EGP)であるため、正しくありません。BGPは、異なるASのルータは、異なるネットワーク間の効果的かつ効率的なルーティングを確保するためのルーティング情報を共有することができます。BGPは、インターネットサービスプロバイダによって使用されます。

 

×:OSPF

OSPFは、独自ではないため正しくありません。OSPFルーティングテーブルの情報を送信するために、リンクステートアルゴリズムを使用します。より小さく、より頻繁にルーティングテーブルの更新が行われます。

#5. キャプティブポータルの最も正しい活用方法はどれでしょうか。

キャプティブポータルとは、端末がネットワークに接続した際にユーザー認証や利用者登録、利用者同意などを行うまで外部との通信を制限する仕組みです。

#6. IPSecのSA値とは何の略ですか?

各IPSec VPNのデバイスは、それが使用する各セキュアな接続のための少なくとも1つのセキュリティアソシエーション(SA)を持つことになります。IPSecのアーキテクチャにとって重要であるSAは、デバイスがVPN接続を介してIPSec接続をサポートする必要がある構成記録になります。

#7. トラフィックが常に同じパスを使用するようにするとき、どのネットワーク回線を使用しているでしょうか?

回線交換は、ネットワークを介した専用通信チャネルです。この回路は全帯域幅を保証します。回路は、ノードがケーブルで物理的に接続されているかのように機能します。

#8. OSI参照モデルのレイヤー5~7に対する脅威はどれですか?

コンピュータワームは、自身を複製して他のコンピュータに拡散するスタンドアロンのマルウェアコンピュータプログラムです。これらは通常、OSI参照レイヤー5~7で動作します。

#9. 次のうちネットワークトポロジではないのはどれですか?

マトリックス型はネットワークトポロジではありません。リング型、メッシュ型、スター型はネットワークトポロジーです。

#10. 人為的に脆弱性のあるネットワークドメインを用意する意図は何か。

〇:攻撃受けた際に早期の検知、もしくは囲うため。

攻撃者は実質的な攻撃を仕掛ける前に調査を行います。そうした場合、脆弱性のあるネットワークを用意することで攻撃者がどこからアクセスしてくるのかなど予防する情報を得ることができます。なぜなら、攻撃者でなければネットワークに侵入するという動機がないからです。ハニーポッドなどの脆弱性のあるネットワークドメインはこういった侵入をしやすくすることで、攻撃者の動作を明確にします。よって正解は、「攻撃受けた際に早期の検知、もしくは囲うため。」になります。

 

×:現行の環境でシステム停止が発生したときのためのデバッグ用環境。

脆弱性のある環境を意図的に作ることに答えていません。環境を作った結果、脆弱性があったという結果にすぎません。

 

×:古い脆弱性によるリグレッションを防ぐ狙い。

古い脆弱性であっても対処するべきであって残留させる意味はありません。

 

×:サポート切れのバージョンの低い製品を動作させるための特殊環境。

脆弱性のある環境を意図的に作ることに答えていません。環境を作った結果、脆弱性があったという結果にすぎません。

#11. 電子メールのなりすましが容易に実行された理由として真っ当な推論はどれでしょうか。

〇:SMTPが適切な認証機構を欠いている。

Eメールのなりすましは、SMTPは適切な認証メカニズムを欠いている場合、実行するのは簡単です。攻撃者は、メールサーバのポート25にTelnetコマンドを送信することにより、電子メールの送信者アドレスを偽装することができます。スパマーは自分が特定されないように、電子メールのスプーフィングを使用しています。よって正解は、「SMTPが適切な認証機構を欠いている。」になります。

「そんなことない!他の選択肢の可能性もあるじゃないか!そんなものをたかが一文で推測するなど不可能!」と聞こえてきそうです。この意見には同意します。ただこのような問題であっても推論して解かなければなりません。選択肢を簡単にまとめると、「認証機能がない」、「設定忘れ」、「フィルタリング機能不全」、「ブラックリスト機能不全」になります。こう並べてみると、「認証機能がない」という回答が最も包含的な回答になってることに気付けるかと思います。

そのほかの解法では、認証と認可の違いを理解していることでも導くことができます。”なりすまし”を防ぐ技術は認証です。認証というキーワードを求めている問題文であると気付けると良いですね。

 

×:管理者が機能していないドメインのインバウンドSMTP接続を防止する設定を忘れている。

なりすましされている場合には、そのメール送信者も偽装されています。ドメインのインバウンドSMTP接続を防止しても、起こりえます。

 

×:キーワードフィルタリングによって技術的に廃止されている。

なりすましの対策に対して、キーワードフィルタリングはあまり有効ではありません。よって技術的に廃止されていたとしても原因とは考えにくいでしょう。

 

×:ブラックリスト機能が技術的に信頼できるものではない。

なりすましされている場合には、そのメール送信者も偽装されています。フィルタリング機能が信頼できなかったとしても、起こりえます。

#12. 以前は送信元IPアドレスによるアクセス制御を行っていたが、一連の通信の挙動から検知しなければならないことが分かった。この攻撃に対応するためのファイヤーウォールはどれでしょうか。

〇:ステートフルインスペクション

ステートフルインスペクションはリクエストとレスポンスが連動させ、レスポンスだけが別のサーバから返却されるような異常な通信を検知します。よって正解は、「ステートフルインスペクション」になります。

 

×:アプリケーションゲートウェイ

一般的にWAFと呼ばれ、SQLインジェクションなど電文内の文字列によってフィルタリングを行う場合に利用されます。

 

×:パケットフィルタリング

IPアドレスやポートによってフィルタリングを行う場合に利用されます。

 

×:セッションゲートウェイ

そのようなファイヤーウォールのカテゴリーはありません。

#13. Diameterによって解消されたRADIUSの問題点とは何か。

Diameterとは、RADIUSの後継となるAAA(Authentication, Authorization, Accounting)サービスを実装する認証プロトコルです。RADIUSの問題点の一つとしては、再送機能により発生しやすくなる輻輳を制御する機能がありません。これにより、パフォーマンスの低下やデータ損失が懸念されます。

#14. ITセキュリティチームは、OSI参照モデルを使用した緩和戦略を提案するように依頼されました。これらのうち、レイヤー7の問題に対処するのはどれですか?

アプリケーションファイアウォールは、OSIのレイヤー7を対象とします。アプリケーションファイアウォールの主な利点は、特定のアプリケーションとプロトコルを理解できることです。パケットはレイヤー6まで復号されないため、レイヤー7ではパケット全体を見ることができます。他のファイアウォールはパケットのみを検査でき、ペイロードは検査できません。不要なアプリケーションまたはサービスが、許可されたポートでプロトコルを使用してファイアウォールをバイパスしようとしているかどうかを検出したり、プロトコルが悪意のある方法で使用されているかどうかを検出したりできます。

#15. オフセットを改ざんされたパケットにより、機器の停止を狙う攻撃はどれでしょうか。

〇:Teardrop

Teardropとは、IPパケットの分割前に戻すときのオフセットを偽造することでシステムを停止させる攻撃です。

 

×:Fraggle攻撃

Fraggle攻撃とは、適当な文字列を生成するCHARGEN機能を使った攻撃です。

 

×:CHARGEN攻撃

そのような名前の攻撃はありません。

 

×:ウォードライビング

ウォードライビングとは、街を車で移動しながら、脆弱な無線LANのアクセスポイントを捜し回ることです。

#16. ブラッドは、インスタントメッセージング(IM)の企業ネットワーク上での使用を禁止したい。次のうち、彼のプレゼンテーションに含まれるべきではない内容はどれでしょうか?

〇:IMの使用は、単にネットワークファイアウォールの特定のポートをブロックすることによって停止させることができる。

インスタントメッセージング(IM)は、人々がリアルタイムおよび個人的なチャットルームのタイプを介して互いに通信することを可能にします。これらの技術には、ファイル転送する機能を有しているでしょう。ユーザーがIMクライアントををインストールし、一意の識別子が割り当てられています。IM経由で通信したい人には、この一意の識別子を提供します。IMトラフィックが共通ポートを使用することができるため、ファイアウォールで特定のポートをブロックすることは通常は効果的ではありません。

この問題自体がセキュリティについての理解を確認するものであり、そのうえで「プレゼンテーションに含まれるべきではない」ということは、IMが安全で素晴らしい技術であるという主張をしたいわけではありません。

 

×:機密データやファイルをIMを介してシステムからシステムに転送することができます。

メッセージをテキストに加えて、インスタント・メッセージングは​​システムから転送するファイルを可能にしますので、間違っています。これらのファイルは、ビジネスや法的リスクで会社を入れて、機密情報を含む可能性があります。そして、IM経由でファイルを共有することは、ネットワーク帯域幅とインパクトのネットワークパフォーマンスをそれだけ使うことになります。

 

×:ユーザーが情報を含むマルウェアからの正当な送信者を装った攻撃を受けることができます。

真であるため、正しくありません。受信機ではなく、正当な送信者の悪意あるユーザからの情報を受け付けるようにあるため、強力な認証の不足のため、アカウントが偽装させることができます。また、多数のバッファオーバーフローと異なるのIMクライアントで成功している不正な形式のパケット攻撃もあるでしょう。

 

×:セキュリティポリシーは、IMの使用制限を指定して必要とされています。

彼のプレゼンテーションではIM利用制限を指定するセキュリティポリシーの必要性を含むべきであるので、間違っています。これは、IM関連のセキュリティ侵害から環境を保護するためのいくつかのベストプラクティスの1つにすぎません。その他のベストプラクティスは、IMトラフィックをブロックするファイアウォールを構成するより安全なバージョンにIMソフトウェアをアップグレードし、社内の従業員のみが、組織のネットワーク内で通信するように、企業のIMサーバを実装し、すべてのコンピュータに統合されたウイルス対策/ファイアウォール製品を実装含みます。

#17. あなたは開発者に対してアプリケーション処理とセッション処理が分かれていることを明確に伝えたい。どのネットワークモデルに従うべきか?

〇:OSI参照モデル

OSI参照モデルはネットワーク通信を7層で区分したものである。アプリケーション通信とセッションという概念を分けているため、OSI参照モデルを基に明確に伝えられるだろう。よって正解は、「OSI参照モデル」になります。

 

×:TCP/IPモデル

TCP/IPモデルとは、OSI参照モデルよりもシステムの概念に近いレイヤーデザインです。TCP/IPモデルでは、OSI参照モデルのアプリケーション層、プレゼンテーション層、セッション層は、一つのアプリケーション層で表現されます。

 

×:データリンクモデル

そのようなモデルはありません。

 

×:Bibaモデル

Bibaモデルとは、データが勝手に変更されないことを示すセキュリティモデルの一つです。

#18. スパムメールに対する効果的な対策ではないものはどれですか?

〇:誰でも利用可能なメールリレーサーバーを用意する。

効果的で”ない”ものを選ぶ問題です。オープンなメールリレーサーバーは、スパムに対する有効な対策ではありません。実際、スパム発信者は、攻撃者が自分の身元を隠すことができるため、スパムを配布するためにスパマーをよく使用します。オープンメールリレーサーバは、誰からもインターネット上の誰かからインバウンドSMTP接続を許可するように設定されたSMTPサーバーであり、攻撃者が迷惑メールやポルノを配布するのを防ぐため、多くのリレーが適切に設定されています。よって正解は、「誰でも利用可能なメールリレーサーバーを用意する。」になります。

 

×:適切に構成されたメールリレーサーバーを構築する。

適切に設定されたメールリレーサーバーはスパムメールも抑制できます。

 

×:電子メールゲートウェイでのフィルタリングを行う。

ゲートウェイにてスパムメールと思われるメールをフィルタリングすることでスパムメールへの対策になります。

 

×:クライアントでのフィルタリングを行う。

クライアントつまり、Outlookなどのメーリングアプリケーションにて、スパムメールを仕分けすることはスパムメールへの対策と考えられます。

#19. オニオンルーティングの脆弱性はどれでしょうか。

オニオンルーティングとは、ルータを経由する度に暗号化を施すため、何重にも暗号化が施されるという特徴がある。しかし、ルータの最終地点ではすべての暗号化が復号され、平文となるため最終地点ルータでのセキュリティ機能はありません。

#20. OSIモデルのレイヤ2には2つのサブレイヤーがあります。これらのサブレイヤーとテクノロジーを表す2つのIEEE標準は何でしょうか?

OSIモデルのデータリンクレイヤーまたはレイヤー2では、ヘッダーとトレーラーをパケットに追加して、適切な回線伝送のためにローカルエリアネットワークまたはワイドエリアネットワークテクノロジーにおけるバイナリー形式のパケットを準備します。 レイヤ2は、2つの機能的なサブレイヤに分割されています。 上位サブレイヤは論理リンク制御(LLC)であり、IEEE 802.2仕様で定義されている。 これは、データリンク層の上にあるネットワーク層と通信します。 LLCの下には、MAC(Media Access Control)サブレイヤがあり、物理レイヤのプロトコル要件を持つインターフェイスを指定します。

終了