模擬試験(ドメイン4)

ドメイン4の試験です。

70%以上で合格になります。

Results

すばらしい!

まだ見ていないコンテンツがあるかも。

Share your score!
Tweet your score!
Share to other

#1. イーサネットを利用してバス型のネットワーク構成をとりたい。サービス要件として通信速度は5M、距離は200mが必要だが、どの規格を使うべきか。

イーサネットとは、ローカルエリア・ネットワークに使われる通信のやり方です。LANとかはイーサネットで通信しています。つまり、今はほとんどがイーサネットでの通信です。

名前 種別 通信速度 最大距離
10Base2 ‘Thinnet’
バス型
10Mビット
185メートル
10Base5 ‘Thicknet’
バス型
10Mビット
500メートル
10BaseT
スター型
10Mビット
100メートル
100BaseT
スター型
100Mビット
100メートル
1000BaseT
スター型
1000Mビット
100メートル

実際にはこのような問題にまじめに取り合うべきではありません。名前と通信速度と最大距離の紐づけを覚えるような対策は個人的にはお勧めしません。覚えるとしても「後ろに’Th’みたいなのがついたら100m以上なんだな、あとはXXXBaseという通信速度が出るんだな」程度で十分でしょう。

#2. 攻撃者にとってDNSはインターネット上では人気のターゲットです。DNSサーバーのキャッシュを汚染するために再帰クエリを使用するものはどれでしょうか。

〇:DNSハイジャック

DNSは、インターネット上のトラフィックの伝送における素晴らしい役割を果たしています。DNSは、あるドメイン名に対応する適切なIPアドレスにトラフィックを誘導します。DNSクエリは、再帰または反復のいずれかに分類することができます。再帰クエリでは、DNSサーバーは、別のサーバーにクエリを転送し、質問者への適切な応答を返します。反復クエリでは、DNSサーバは質問に答えることができるかもしれない別のDNSサーバーのアドレスで応答し、さらに新しいDNSサーバーを尋ねるに進みます。攻撃者は、DNSサーバーのキャッシュを汚染するために再帰クエリを使用します。

攻撃者は、ドメインのIPアドレスを求める被害者のDNSサーバーに再帰クエリを送信します。DNSサーバは、別のDNSサーバにクエリを転送します。他のDNSサーバーが応答する前に、攻撃者は自分のIPアドレスを挿入します。被害者サーバは、IPアドレスを受け取り、特定の期間のためにキャッシュに格納します。次回は、システムが解決するためにサーバーを照会し、サーバが攻撃者のIPアドレスにユーザーを誘導します。

×:hostsファイルの操作

hostsファイルを操作すると、DNSサーバーのキャッシュを汚染するために再帰クエリを使用していないので、間違っています。クライアントは、最初のDNSサーバーに要求を発行する前に、hostsファイルを照会します。一部のウイルスは、ウイルス定義ファイルのダウンロードを防止し、検出を防止するために、hostsファイルにウイルス対策ベンダの無効なIPアドレスを追加します。

 

×:ソーシャルエンジニアリング

ソーシャルエンジニアリングは、DNSサーバに問い合わせる必要としないので、間違っています。ソーシャルエンジニアリングとは、不正アクセスや情報を得ることを目的とした個人の操作を指します。

 

×:ドメイン訴訟

ドメインの訴訟は、DNSサーバーのキャッシュをポイズニング伴わないので、間違っています。ドメイン名は、一時的な利用不能または確立されたドメイン名の永久的な損失を含む、商標上のリスクにさらされています。

#3. スパムメールに対する効果的な対策ではないものはどれですか?

〇:誰でも利用可能なメールリレーサーバーを用意する。

効果的で”ない”ものを選ぶ問題です。オープンなメールリレーサーバーは、スパムに対する有効な対策ではありません。実際、スパム発信者は、攻撃者が自分の身元を隠すことができるため、スパムを配布するためにスパマーをよく使用します。オープンメールリレーサーバは、誰からもインターネット上の誰かからインバウンドSMTP接続を許可するように設定されたSMTPサーバーであり、攻撃者が迷惑メールやポルノを配布するのを防ぐため、多くのリレーが適切に設定されています。よって正解は、「誰でも利用可能なメールリレーサーバーを用意する。」になります。

 

×:適切に構成されたメールリレーサーバーを構築する。

適切に設定されたメールリレーサーバーはスパムメールも抑制できます。

 

×:電子メールゲートウェイでのフィルタリングを行う。

ゲートウェイにてスパムメールと思われるメールをフィルタリングすることでスパムメールへの対策になります。

 

×:クライアントでのフィルタリングを行う。

クライアントつまり、Outlookなどのメーリングアプリケーションにて、スパムメールを仕分けすることはスパムメールへの対策と考えられます。

#4. トラフィックが常に同じパスを使用するようにするとき、どのネットワーク回線を使用しているでしょうか?

回線交換は、ネットワークを介した専用通信チャネルです。この回路は全帯域幅を保証します。回路は、ノードがケーブルで物理的に接続されているかのように機能します。

#5. 次のうちネットワークトポロジではないのはどれですか?

マトリックス型はネットワークトポロジではありません。リング型、メッシュ型、スター型はネットワークトポロジーです。

#6. 電子メールのなりすましが容易に実行された理由として真っ当な推論はどれでしょうか。

〇:SMTPが適切な認証機構を欠いている。

Eメールのなりすましは、SMTPは適切な認証メカニズムを欠いている場合、実行するのは簡単です。攻撃者は、メールサーバのポート25にTelnetコマンドを送信することにより、電子メールの送信者アドレスを偽装することができます。スパマーは自分が特定されないように、電子メールのスプーフィングを使用しています。よって正解は、「SMTPが適切な認証機構を欠いている。」になります。

「そんなことない!他の選択肢の可能性もあるじゃないか!そんなものをたかが一文で推測するなど不可能!」と聞こえてきそうです。この意見には同意します。ただこのような問題であっても推論して解かなければなりません。選択肢を簡単にまとめると、「認証機能がない」、「設定忘れ」、「フィルタリング機能不全」、「ブラックリスト機能不全」になります。こう並べてみると、「認証機能がない」という回答が最も包含的な回答になってることに気付けるかと思います。

そのほかの解法では、認証と認可の違いを理解していることでも導くことができます。”なりすまし”を防ぐ技術は認証です。認証というキーワードを求めている問題文であると気付けると良いですね。

 

×:管理者が機能していないドメインのインバウンドSMTP接続を防止する設定を忘れている。

なりすましされている場合には、そのメール送信者も偽装されています。ドメインのインバウンドSMTP接続を防止しても、起こりえます。

 

×:キーワードフィルタリングによって技術的に廃止されている。

なりすましの対策に対して、キーワードフィルタリングはあまり有効ではありません。よって技術的に廃止されていたとしても原因とは考えにくいでしょう。

 

×:ブラックリスト機能が技術的に信頼できるものではない。

なりすましされている場合には、そのメール送信者も偽装されています。フィルタリング機能が信頼できなかったとしても、起こりえます。

#7. 送信先アドレスと送信先でのコンピュータサービスまたはプロトコルの通信方法を示した言葉はどれでしょうか。

〇:ソケット

UDP(User Datagram Protocol)とTCP(Transmission Control Protocol)は、アプリケーションがネットワークを介してデータを取得するために使用するトランスポートプロトコルです。 どちらも、ポートを使用して上位のOSIレイヤと通信し、同時に発生するさまざまな会話を追跡します。 ポートは、他のコンピュータがどのようにサービスにアクセスするかを識別するために使用されるメカニズムでもあります。 TCPまたはUDPメッセージが形成されるとき、送信元および宛先ポートは、送信元および宛先IPアドレスとともにヘッダ情報内に含まれます。このIPアドレスとポート番号をソケットと言います。IPアドレスはコンピュータへの出入口として機能し、ポートは実際のプロトコルまたはサービスへの出入口として機能します。

 

×:IPアドレス

IPアドレスがサービスやプロトコルとの通信方法をパケットに伝えていないため、間違っています。 IPアドレスの目的は、ホストまたはネットワークインタフェースの識別とロケーションのアドレッシングです。 ネットワーク内の各ノードには一意のIPアドレスがあります。 この情報は、送信元ポートおよび宛先ポートとともに、ソケットを構成します。 IPアドレスはどこに行くべきかをパケットに伝え、ポートは適切なサービスまたはプロトコルとの通信方法を示します。

 

×:ポート

ポートはパケットに適切なサービスまたはプロトコルとの通信方法のみを通知するため、正しくありません。 それはどこに行くべきかをパケットに伝えません。 IPアドレスはこの情報を提供します。 ポートは、TCPやUDPなどのIPプロトコルで使用される通信エンドポイントです。 ポートは番号で識別されます。

 

×:フレーム

フレームは、データリンク層にヘッダとトレーラが与えられた後にデータグラムを参照するために使用される用語であるため、間違っています。

#8. OSIモデルのレイヤ2には2つのサブレイヤーがあります。これらのサブレイヤーとテクノロジーを表す2つのIEEE標準は何でしょうか?

OSIモデルのデータリンクレイヤーまたはレイヤー2では、ヘッダーとトレーラーをパケットに追加して、適切な回線伝送のためにローカルエリアネットワークまたはワイドエリアネットワークテクノロジーにおけるバイナリー形式のパケットを準備します。 レイヤ2は、2つの機能的なサブレイヤに分割されています。 上位サブレイヤは論理リンク制御(LLC)であり、IEEE 802.2仕様で定義されている。 これは、データリンク層の上にあるネットワーク層と通信します。 LLCの下には、MAC(Media Access Control)サブレイヤがあり、物理レイヤのプロトコル要件を持つインターフェイスを指定します。

#9. OSI参照モデルのレイヤー5~7に対する脅威はどれですか?

コンピュータワームは、自身を複製して他のコンピュータに拡散するスタンドアロンのマルウェアコンピュータプログラムです。これらは通常、OSI参照レイヤー5~7で動作します。

#10. 次のうちソフトウェア定義ネットワーク(SDN)技術を意図しているものはどれですか?

〇:ルータが一元管理され、コントローラの指示に基づいてパケットを制御する方法 

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)はルーティングの決定とインタフェースとの間でデータを渡し、その機械的機能を作るのルータの論理機能を分離するために、ルーティングの決定を集中管理しやすくすることを意図しています。SDNアーキテクチャは、スケーラブル、プログラム可能な方法で、ルータの制御ロジックを提供する標準方法であることを意図しています。よって正解は、「ルータが一元管理され、コントローラの指示に基づいてパケットを制御する方法  」になります。

 

×:MACアドレスとIPアドレスの間のマッピング

ARPテーブルの説明です。

 

×:動的な方法でルーティングテーブル の更新

ダイナミックルーティングの説明です。

 

×:イベント発生時、ルータが互いにルーティングテーブルを更新のための通信をする方法

通信不通時のルーティング制御の説明です。

#11. キャプティブポータルの最も正しい活用方法はどれでしょうか。

キャプティブポータルとは、端末がネットワークに接続した際にユーザー認証や利用者登録、利用者同意などを行うまで外部との通信を制限する仕組みです。

#12. IPSecのSA値とは何の略ですか?

各IPSec VPNのデバイスは、それが使用する各セキュアな接続のための少なくとも1つのセキュリティアソシエーション(SA)を持つことになります。IPSecのアーキテクチャにとって重要であるSAは、デバイスがVPN接続を介してIPSec接続をサポートする必要がある構成記録になります。

#13. 外部から送信元を内部IPアドレスされたアクセスし、応答要求により内部アクセスを狙う攻撃はどれでしょうか。

〇:LAND攻撃

LAND攻撃とは、悪いリクエストをブロックするFirewallを貫通する攻撃です。Fraggle攻撃と似ていますが、送信元を攻撃対象にしたリクエストをファイヤーウォールに送ります。本来は内部を守るべきのファイヤーウォールが攻撃に利用されるため盲点となるわけです。

 

×:Teardrop

Teardropとは、IPパケットの分割前に戻すときのオフセットを偽造することでシステムを停止させる攻撃です。

 

×:クリスマスツリー攻撃

クリスマスツリー攻撃とは、パケットにいくつものフラグ(URG、ACK、PSH、RST、SYN、FIN)を立てて送り、応答を観察する攻撃です。

 

×:CHARGEN攻撃

CHARGEN(ポート19)とは、適当な文字列を返すプロトコルです。

#14. 暗号化は、オペレーティングシステムおよびネットワークスタックの異なる層で発生する可能性があります。OSI参照モデルのどこ層でPPTP暗号化が行われていますか?

ポイントツーポイントトンネリングプロトコル(PPTP)は、仮想プライベートネットワーク(VPN)を実装するための方法です。これは、OSIモデルのデータリンク層で動作するマイクロソフト独自のVPNプロトコルです。PPTPは、単一の接続のみを提供することができ、PPP接続上で動作することができます。

#15. Diameterによって解消されたRADIUSの問題点とは何か。

Diameterとは、RADIUSの後継となるAAA(Authentication, Authorization, Accounting)サービスを実装する認証プロトコルです。RADIUSの問題点の一つとしては、再送機能により発生しやすくなる輻輳を制御する機能がありません。これにより、パフォーマンスの低下やデータ損失が懸念されます。

#16. 組織に新しいネットワークインフラストラクチャを実装しています。新しいインフラストラクチャは、衝突検出(CSMA / CD)を備えたキャリアセンスマルチアクセスを使用しています。これは何によって実装されていますか?

CSMA / CD(Carrier Sense Multiple Access Collision Detection)とは、イーサネットのように同時に送信と受信が可能なシステムに使用されます。 2つのクライアントが同時にリッスンし、回線がクリアであることを確認すると、両方が同時に送信して衝突を引き起こす可能性があります。このシナリオを解決するためにCD(Collision Detection)が追加されています。クライアントは、回線がアイドル状態であるかどうかを確認し、アイドル状態の場合は送信します。使用中の場合、ランダムな時間(ミリ秒)待機します。送信中、彼らはネットワークを監視しており、送信よりも多くの入力が受信された場合、別のクライアントも送信しており、他のノードに送信を停止するように指示するジャム信号を送信し、ランダムな時間待機してから再送信を開始します。

#17. Webコンテンツの近位トポロジカルを構成するルーティングをするために、クライアントのIPアドレスに基づいて地理的位置を決定し、コンテンツの配信を最適化する技術はどれですか?

〇:コンテンツ配信ネットワーク(CDN)

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、大域的な位相関係に基づいて、クライアントにコンテンツの配信を最適化するように設計されています。このような設計では、インターネット上の存在の多くのポイントでホストされている複数のWebサーバは、グローバルに同期して同じコンテンツが含まれており、クライアントは通常のためのジオロケーションアルゴリズムに基づいて、DNSレコードの操作を介し、最も近いソースに向けることができます。

 

×:分散ネームサービス(DNS)

分散ネームサービスというプロトコルが存在しないことで、間違っています。DNSはドメインネームサービスプロトコルを指します。

 

×:分散型Webサービス(DWS)

分散型Webサービスも不正解の答えですので、間違っています。分散Webサービス・ディスカバリー・アーキテクチャの概念は、IEEE等によって議論がされていますが、正式なプロトコルではありません。

 

×:コンテンツドメインの分布(CDD)

コンテンツドメインの分布(CDD)という用語はCISSPのCBKの用語では登場しません。

#18. ネットワークにQuality of Service(QoS)を実装しています。QoSの主な利点の1つはどれですか?

QoS(Quality of Service)は、特定のトラフィックを他のトラフィックよりも優先します。一般的には、VoIP(Voice over IP)といったリアルタイムの通信を必要とするUDPトラフィックに有効です。その他の非リアルタイムトラフィックは優先順位が低くなります。

#19. 旅行先のカフェで無料のWi-Fiを見つけた。あなたのとるべき行動は何か?

無料のWi-Fi、特に知らない土地でのネットワーク接続は通信傍受などのセキュリティの懸念から避けるべきです。

#20. 通信速度が問題となりWi-Fiを一新したい。障害物の少ない環境で利用を想定しているため、電波干渉が少なく安定した高速通信を優先します。その中でもより速度の速いものを選びたい。どのWi-Fiの規格を使うべきか。

IEEE 802.11とは、IEEEにより策定された無線LAN規格の一つです。IEEE 802.11の規格ごとの最大速度と周波数は以下の通りになります。

種類   最大速度   周波数

802.11     2Mbps      2.4GHz

802.11a  54Mbps     5GHz

802.11b  11Mbps      2.4GHz

802.11g  54Mbps     2.4GHz

802.11n  600Mbps  2.4GHz or 5GHz

802.11ac    1.3Gbps    5GHz

 

周波数には、2.4GHz帯と5GHz帯があります。2.4GHzは障害物に強い一方で、5GHzは障害物は弱い側面があります。ただ、5GHzの方が安定した高速通信を行うことができます。

障害物の少ない環境で利用を想定しているため、5GHzに誘導しています。その中でもっとの速い規格は802.11aになります。

終了