模擬試験(ドメイン1)

ドメイン1の試験です。

70%以上で合格になります。

Results

すばらしい!

まだ見ていないコンテンツがあるかも。

#1. 部門マネージャーのスティーブは、組織にとって許容可能なレベルのリスクの定義、リスク評価と監査レポートのレビュー、セキュリティポリシーとプログラムの重要な変更の承認を担当する委員会に参加するよう求められました。どの委員会に参加していますか?

〇:セキュリティ運営委員会

スティーブは、企業内の戦術的および戦略的セキュリティ問題の決定を担当するセキュリティ運営委員会に参加しています。委員会は、組織全体の個人から構成され、少なくとも四半期ごとに会合する必要があります。この質問に記載された責任に加えて、セキュリティ運営委員会は、事業の組織的意思と協力してそれをサポートする、明確に定義されたビジョンステートメントを確立する責任があります。組織のビジネス目標に関係する機密性、完全性、および可用性の目標に対するサポートを提供する必要があります。このビジョンステートメントは、組織に適用されるプロセスにサポートと定義を提供し、ビジネス目標に達することを可能にするミッションステートメントによってサポートされるべきです。

各組織で呼び名は異なりますか、セキュリティに一連の定義から承認までのプロセスを任せられています。その場合、最も近い場合には”運営”という言葉が近いのです。

 

×:セキュリティポリシー委員会

上級管理職がセキュリティポリシーを策定する委員会であるため、間違っています。通常、上級管理職は、役員または委員会に委任しない限り、この責任を負います。セキュリティポリシーは、セキュリティが組織内で果たす役割を決定します。組織化、特定の問題、またはシステム固有のものにすることができます。運営委員会はポリシーを直接作成するのではなく、受け入れ可能であればレビューと承認を行います。

 

×:監査委員会

取締役会、経営陣、内部監査人、および外部監査人の間で独立したオープンなコミュニケーションを提供するため、正しくありません。その責任には、内部統制システム、独立監査人のエンゲージメントとパフォーマンス、内部監査機能のパフォーマンスが含まれます。監査委員会は、調査結果を運営委員会に報告するが、セキュリティプログラムの監督と承認を怠ることはない。

 

×:リスクマネジメント委員会

組織が直面しているリスクを理解し、上級管理職と協力してリスクを許容レベルまで下げることであるため、正しくありません。この委員会は、セキュリティプログラムを監督しません。セキュリティ運営委員会は、通常、その結果を情報セキュリティに関するリスク管理委員会に報告します。リスク管理委員会は、ITセキュリティリスクだけでなく、ビジネスリスク全体を検討する必要があります。

#2. スーは同社の電子メールシステムを保護するために、ウイルス対策およびスパム対策ソフトウェアを含むいくつかのセキュリティ制御を実装することを任されています。彼女の会社は、システムによってもたらされるリスクに対処するためにどのようなアプローチを取っていますか?

〇:リスク軽減

リスクは、移転、回避、軽減、受入の4つの基本的な方法で対処できます。スーは、ウイルス対策ソフトウェアやスパム対策ソフトウェアなどのセキュリティコントロールを実装することで、自社の電子メールシステムがもたらすリスクを削減しています。これは、リスク軽減とも呼ばれ、リスクは許容可能と見なされるレベルまで減少します。手順を改善し、環境を変え、脅威に対する障壁を立て、脅威が発生したときにその脅威を阻止して被害を減らすための早期発見手法を導入することで、リスクを軽減することができます。

 

×:リスク受入

リスク受入がアンチウィルスソフトウェアなどの保護や対策に支出を伴わないため不適切です。リスクを受け入れる際には、直面しているリスクのレベルと潜在的な損害コストを把握し、対策を実施することなくそれを維持することを決定します。コスト/利益比率が、対策費用が潜在的な損失額を上回っていることを示している場合、多くの企業はリスクを受け入れます。

 

×:リスク回避

リスクを引き起こしている活動を中止することになるため、間違っています。この場合、スーの会社は引き続きEメールを使用することに決めました。企業がそのリスクがアクティビティのビジネスニーズを上回る場合、リスクを導入するアクティビティを終了することを選択することがあります。たとえば、企業は従業員の生産性に与えるリスクのため、ソーシャルメディアのWebサイトを一部の部門でブロックすることを選択することがあります。

 

×:リスク移転

リスクの一部を保険会社に移転するために保険購入のように他のエンティティとリスクを共有することを伴うため、正しくない。多くの種類の保険は、企業が資産を保護するために利用できます。会社が総リスクまたは余剰リスクが高すぎて賭けができないと判断した場合、保険を購入することができます。

#3. 同社の事業継続コーディネーターであるマシューは、メンバーを事業継続計画(BCP)委員会に募集する手助けをしています。次のうち、間違った説明はどれですか?

〇:固定されたメンバーで会議を実施し、人数はできるだけ少ない方がよい。

BCP委員会は、組織内の各部門を代表するために必要な規模でなければなりません。各部門が独自の機能と独特のリスクと脅威を持っているため、社内のさまざまな部門に精通した人で構成されている必要があります。すべての問題と脅威が持ち込まれ、議論されたときに策定されていきます。これは、少数の部門や少数の人々と効果的に行うことはできません。委員会は、少なくとも事業部、上級管理職、IT部門、セキュリティ部門、通信部門、法務部門の担当者から構成されていなければなりません。

固定されたメンバーで会議を実施し、人数はできるだけ少ないことは、少数精鋭というように確実に誤った解釈であるとも言えません。しかし、何か最も”マシ”な回答かを把握し、回答しなければなりません。

 

×:委員のメンバーは、計画段階、テスト段階、実施段階に関与する必要があります。

委員会のメンバーが計画段階とテスト段階および実装段階に関与する必要があることが正しいため、回答としては正しくありません。 BCPのコーディネーターであるマシュー氏が優れた経営リーダーであれば、チームメンバーに自分の任務や役割に関わる所有権を感じさせるのが最善である考えるでしょう。 BCPを開発する人々も、それを実行する人でなければなりません。危機の時期にいくつかの重要なタスクが実行されることが予想される場合は、計画とテストのフェーズでさらに注意を払う必要があります。

 

×:事業継続コーディネーターは、経営陣と協力して委員会メンバーを任命すべきである。

BCPコーディネーターが管理職と協力して委員会メンバーを任命する必要があるため、間違っています。しかし、経営陣の関与はそこで終わりません。 BCPチームは、経営陣と協力して計画の最終目標を立て、災害時に最初に処理しなければならないビジネスの重要な部分を特定し、部門やタスクの優先順位を確認する必要があります。また経営陣は、チームにプロジェクトの範囲と具体的な目標を指示するのに役立つ必要があります。

 

×:チームは、社内のさまざまな部門の人で構成する必要があります。

チームが社内の異なる部門の人で構成されるべきであるため、正しくありません。これは、チームが各部門が直面する組織に応じたリスクと脅威を考慮する唯一の方法になります。

#4. グローバル化された経済の経済的、社会的、ガバナンスの課題に取り組むのに役立つための国際機関はどれでしょうか?

〇:経済協力開発機構

ほとんどすべての国は、私的なデータを構成するものとそれをどのように保護すべきかに関する独自の規則を持っています。デジタル時代と情報化時代が到来するにつれ、これらの異なる法律はビジネスや国際貿易に悪影響を与え始めました。このように、経済協力開発機構(OECD)は、様々な国のためのガイドラインを作成し、データが適切に保護され、誰もが同じ規則に従うようにした。

 

×:トレッドウェイ委員会委員会

不正な財務報告を研究する組織であり、不正な財務報告を調査する機関であり、どの要素がそれらにつながっているかについて、1985年にTreadway Commission(COSO)のスポンサー組織委員会が設立されたため不正です。頭字語のCOSOは、ITを戦略的レベル、企業文化、財務会計原則などに対応するコーポレートガバナンスのモデルを指します。

 

×:COBIT(Control Objectives for Information and Related Technology)

ITを適切に管理し、ITがビジネスニーズに対応できるようにするためのコントロールの目標を定義するフレームワークであるため、正しくありません。機密データと参照フレームワークの制御とセキュリティの要件を提供する国際的なオープンスタンダードです。

 

×:国際標準化機構(ISO)

国家標準化団体の代表者で構成される国際標準化機関であるため、間違っています。その目的は、グローバルな標準化を確立することです。しかし、その標準化は、国際的な国境を越えて移動するデータのプライバシーを超えています。例えば、いくつかの規格は品質管理に取り組んでおり、その他の規格は保証とセキュリティに取り組んでいます。

#5. NISTは継続計画を作成するためのベストプラクティスを定義している。重要な機能やシステムの特定と優先順位付けを行うフェーズはどれですか?

〇:ビジネスインパクト分析を実施

継続計画を作成するために特定の科学的方程式を守らなければならないわけではありませんが、特定のベストプラクティスは時間の経過とともに証明されています。国立標準技術研究所(NIST)の組織は、これらのベストプラクティスの多くを開発し、すべての人が容易に利用できるように文書化する責任があります。 NISTは、Special Publication 800-34 Rev 1「連邦情報システムの継続計画ガイド」の7つのステップを概説しています。ビジネスインパクト分析を実施する。予防的コントロールを特定する。偶発的戦略を作成する。情報システム緊急時対応計画を策定する。計画のテスト、トレーニング、演習を確実にする。計画を確実に維持する。ビジネスインパクト分析を実施するには、重要な機能やシステムを特定し、必要に応じて優先順位を付けることができます。また、脆弱性や脅威を特定し、リスクを計算することも含まれます。

 

×:予防的コントロールを特定

重要な機能やシステムが優先され、その脆弱性、脅威、および特定されたリスク(すべてビジネスインパクト分析の一部である)の後で予防制御を特定する必要があるため、間違っています。ビジネスインパクト分析を実施するには、継続計画を作成するステップ2と、予防コントロールを特定するステップ3があります。

 

×:継続計画方針声明を作成

事業継続計画の策定に必要な指針を提供し、これらのタスクを実行するために必要な役割に権限を割り当てるポリシーを作成する必要があるため、正しくありません。これは、ビジネス継続計画を作成する最初のステップであり、ビジネス影響分析の一部である重要なシステムと機能を特定し、優先順位を付ける前に行われます。

 

×:コンティンジェンシー戦略を作成

コンティンジェンシー戦略の作成には、システムと重要な機能を迅速にオンライン化できるようにするための方法を策定する必要があるため、正しくありません。これを実行する前に、重要なシステムと機能を判断するためにビジネスインパクト分析を実施し、復旧中に優先順位を付ける必要があります。

#6. COBITとITILの関係性を表しているのはどれですか?

〇:COBITはIT目標を定義し、ITILはプロセスレベルの手順を提供

COBITは、ISACA(以前の情報システム監査管理統制)とITガバナンス研究所(ITGI)によって策定されたフレームワークです。 これは、ITを適切に管理し、ITがビジネス上のニーズに対応できるようにするための、セキュリティのニーズだけでないコントロールの目標を定義します。 ITインフラストラクチャライブラリ(ITIL)は、ITサービス管理のベストプラクティスの事実上の標準です。 カスタマイズ可能なフレームワークであるITILは、目標、これらの目標を達成するために必要な一般的な活動、およびこれらの決定された目標を達成するために必要な各プロセスの入力値と出力値を提供します。 本質的には、COBITは「達成すべきこと」に対応し、ITILは「達成する方法」に取り組んでいます。

 

×:COBITはITガバナンスのモデル、ITILはコーポレートガバナンスのモデル

COBITをITガバナンスのモデルとして使用することはできますが、ITILはコーポレートガバナンスのモデルではないため、間違っています。実際、トレッドウェイ委員会(COSO)のスポンサー組織委員会は、コーポレートガバナンスのモデルです。 COBITはCOSOフレームワークから派生したものです。 COBITは、多くのCOSOの目標を達成する方法として考えることができますが、ITの観点からのみです。 COBITで扱った多くの目標を達成するために、組織はITサービス管理の目標を達成するためのプロセスレベルのステップを提供するITILを使用できます。

 

×:COBITはコーポレートガバナンスのモデル、ITILはITサービス管理のためのカスタマイズ可能

前述のようにCOBITはコーポレートガバナンスではなくITガバナンスのモデルとして使用できるため、正しくありません。 COSOはコーポレートガバナンスのモデルです。答えの後半は正しいです。 ITILはカスタマイズ可能なフレームワークであり、ITサービス管理のための一連の書籍またはオンラインのいずれかとして利用できます。

 

×:COBITはビジネス目標フレームワークを提供、ITILはITサービスレベル目標フレームワークを提供

COBITがITを適切に管理するために使用すべきコントロールの目標を定義し、ITセキュリティのニーズだけでなく、ビジネスニーズにITが対応できるようにするため不適切です。 ITILは、ビジネスニーズに関連するITサービス管理目標を達成するためのステップを提供します。 ITILは、ビジネスニーズを満たすための情報技術への依存度が高まったために作成されました。

#7. 次のうち災害復旧計画を策定し実施する理由として適切ではない項目はどれですか。

〇:ビジネス機能とシステムの概要を作成のため

ビジネス機能とシステムの概要を説明することは、災害復旧計画を作成し実行するための理由ではありません。これらのタスクは、災害復旧計画の結果として達成される可能性が高いですが、問題の他の回答と比較して計画を実行するのは正当な理由ではありません。通常は計画プロセス中に発生しますが、ビジネス機能とシステムの概要を説明するだけでは、災害復旧計画を策定して実装することはありません。

 

×:災害復旧後の復旧手順の作成のため

ディザスタリカバリ計画を作成して実装するには、ディザスタリカバリ後の復旧手順を提供することが適切な理由であるため、正しくありません。事実、これはまさに災害復旧計画が提供するものです。災害復旧の目標は、災害の影響を最小限に抑え、リソース、人員、およびビジネスプロセスが適時に運用を再開できるようにするために必要な措置を講じることです。災害復旧計画の目標は、災害発生直後の災害とその影響を処理することです。

 

×:データのバックアップとバックアップ操作方法の作成のため

データをバックアップするだけではなく、バックアップ操作を拡張することがディザスタリカバリ計画を策定し実装するのに適しているため、不適切です。ディザスタリカバリ計画を検討すると、主にデータのバックアップと冗長ハードウェアの提供に重点を置く企業があります。これらの項目は非常に重要ですが、会社の全体的な業務のほんの一部です。ハードウェアとコンピュータには、それらの構成と操作を行う人が必要であり、他のシステムや外部のエンティティからアクセスできる場合を除き、データは通常役に立ちません。これらのすべては、データだけでなく、バ​​ックアップを必要とする可能性があります。

 

×:緊急時対応の手順の確立のため

災害復旧計画を策定し実施するのに十分な理由があるため、緊急時の対応手順を提供することが正当な理由であるため正しくありません。災害復旧計画は、すべてが緊急モードであり、すべての重要なシステムをオンラインに戻すために誰もが争っているときに実行されます。慎重に書かれた手続きを取ることで、このプロセス全体がはるかに効果的になります。

#8. 年間予想損失額(ALE)の計算式として正しいものはどれでしょうか。

年間予想損失額は、将来発生しうる損失に対して、発生頻度から年間で均した値です。そのため、単一損失額(SLE)と年間発生頻度(ALO)を乗じた値になります。

#9. デジタルフォレンジックに関する正しいものは次のうちどれですか?

〇:ネットワークとコード分析を包含し、電子データディスカバリーとも呼ばれることがあります。

フォレンジックは、情報の保存性を担保するための特殊な技術を必要とする技術、認証、犯罪行為の影響を受けている可能性が電子データの分析です。それは法的なシステムでコンピュータ科学、情報技術、エンジニアリングの一緒に来ています。他の人とデジタルフォレンジックを議論するときには、コンピュータフォレンジック、ネットワークフォレンジック、電子データディスカバリー、サイバーフォレンジックなどのように表現されることもあります。

 

×:コンピュータ技術の研究です。

デジタルフォレンジックは、研究よりも情報技術としての意味合いを伴うため正しくありません。情報技術の研究を網羅するが、証拠の収集と保護し、特定の法的システム内で作業も含みます。

 

×:証拠が法廷で許容されるためには従わなければならないハードウェア固有のプロセスのセットです。

デジタルフォレンジックは、ハードウェアまたはソフトウェアを参照していないので、間違っています。それは法廷で許容であることを示す証拠ために従わなければならないコンピュータの使用状況、残差データの検討、技術的な分析やデータの技術的特徴の説明、およびコンピュータの使用によるデータの認証の再構築に関連する特定のプロセスのセットです。

 

×:インシデントが発生する前に、デジタルフォレンジックのロールや責任をネットワーク管理者に割り当てる必要があります。

デジタルフォレンジックは、管理者またはネットワーク管理者であることができなかった可能性があり、適切な訓練とスキルセットを持つ人々によって行われなければならないので、間違っています。デジタルフォレンジックが脆くなる可能性があり、適切で働いたことがなければなりません。誰かが攻撃を受けたシステムを再起動したり、様々なファイルを検査した場合、それが破損して実行可能な証拠、キーファイルのタイムスタンプを変更し、犯罪者が残っているかもしれない足跡を消去することができてしまいます。

#10. 米国愛国者法(USA PATRIOT Act)の制定のきっかけとなる歴史的事件は何でしょうか。

2001年の同時多発テロ事件は、テロに対する様々な法整備がされるきっかけとなりました。よって正解は、「2001年、同時多発テロ事件」になります。

#11. サボってるの語源のサボテージ、どんな人を指した言葉でしょうか?

サボテージとは、内部の人間に攻撃されることです。

#12. セキュリティガバナンスプログラムを実施している会社の特徴ではないものはどれですか?

〇:すべてのセキュリティ活動はセキュリティ部門内で実施

すべてのセキュリティ活動がセキュリティ部門内で行われる場合、セキュリティはサイロ内で機能し、組織全体に統合されません。セキュリティガバナンスプログラムを導入している企業では、経営幹部から指揮系統まで、組織全体にセキュリティの責任が浸透しています。一般的なシナリオは、特定の事業部門のリスク管理活動を担当する事業部長を執行する経営幹部の管理です。さらに、従業員は悪意のあるもしくは偶発的に発生しているセキュリティ違反に対して責任を負います。

 

×:役員は同社のセキュリティ状態について四半期ごとに更新

正しくありません。セキュリティガバナンスとは、戦略指針を提供し、目標が達成されていることを確認し、リスクが適切に管理されていることを確認し、リソースは責任を持って使用されます。セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織には、セキュリティの重要性を理解し、組織のセキュリティパフォーマンスと違反を認識している取締役会があります。

 

×:セキュリティ製品、サービス、およびコンサルタントは情報に基づいた方法で展開

セキュリティガバナンスは、製品、人材、トレーニング、プロセスなどを含む統合セキュリティコンポーネントの一貫したシステムであるため、正しくありません。したがって、セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織は、セキュリティ製品、管理サービス、情報に基づいた方法でコンサルタントを支援します。彼らはまた、彼らがコスト効果があることを確認するために絶えず見直されています。

 

×:組織はセキュリティを向上させるための指標と目標を確立

セキュリティガバナンスが性能測定および監督の仕組みを必要とするため不正確である。セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織は、継続的な改善を目標として、セキュリティを含むプロセスを継続的に見直しています。一方、セキュリティガバナンスプログラムを欠いている組織は、そのパフォーマンスを分析せずに進んでいく可能性があり、したがって同様のミスが繰り返されます。

#13. 事業継続計画が時代遅れになることは珍しいことではありません。計画が古くならないようにすべきことは?

〇:ビジネス継続プロセスが変更管理プロセスの統合

残念なことに、ビジネス継続計画はすぐに時代遅れになる可能性があります。時代遅れのBCPは、会社に誤った安全感を与える可能性があり、実際に災害が発生した場合には致命的となる可能性があります。計画を最新の状態に保つための最もシンプルで費用効果が高く、プロセス効率的な方法の1つは、組織の変更管理プロセスにそれを組み込むことです。新しいアプリケーション、機器、サービスは文書化していますでしょうか?アップデートとパッチは文章化していますでしょうか?重要な変更が発生したときにBCPチームに警告するフィールドとトリガーを組み込むように、変更管理プロセスを更新し、回復文書を更新する手段を提供する必要があります。 BCPが確実に最新の状態に保たれるようにし、その他の措置には計画の人事評価の維持やビジネスの継続性をすべてのビジネス決定の一部とするなど、計画を使用する定期的な訓練の実施が含まれます。

 

×:ハードウェア、ソフトウェア、およびアプリケーションの変更点の更新

ハードウェア、ソフトウェア、およびアプリケーションの変更が頻繁に発生するため、間違っています。BCPが変更管理プロセスの一部でない限り、これらの変更はBCPには含まれません。環境への変更が発生した場合、BCPを更新する必要があります。変更後に更新されない場合は、期限切れです。

 

×:インフラと環境の変化の更新

インフラストラクチャと環境の変更が頻繁に発生するため、正しくありません。 BCPが変更管理プロセスの一部でない限り、ソフトウェア、ハードウェア、およびアプリケーションの変更と同様に、インフラストラクチャと環境の変更によってBCPに移行する可能性は低いです。

 

×:人事異動

計画が陳腐化することがあるため、正しくありません。メンテナンスを担当する担当者または担当者が退職したときに、BCPが放棄されることは珍しいことではありません。これらの責任は再割り当てする必要があります。これを確実にするには、メンテナンス責任を職務内容に組み込み、適切に監視する必要があります。

#14. リスクの関係性を示す計算式として最も近いものはどれでしょうか。

脅威と脆弱性を掛け合わせたものがリスクとなります。脅威が少なくとも、脆弱性が致命的なものであれば、多大な影響つまりリスクとなります。そのため、四則演算の関係で最もよく示したのは乗数になります。

#15. マークスはセキュリティ監査員である。不正アクセスの法廷証拠としてシステムログを提供したい。システムログとして満たしておくべき要件は何でしょうか。

〇:日常的に稼働し、取得しているシステムログ

不正アクセスであるかどうかは、一般的な使い方と異なることを示す必要があります。また、日常的に取得していないログに関して法的証拠としての信頼性も薄くなります。

 

×:国際基準に準拠している洗練された製品から得られるシステムログ

マーケット的に洗練されているか否かは、法廷証拠の要件ではありません。逆に言えば、自社開発のソフトウェアが法的書庫に使えないというのは考えにくいでしょう。

 

×:印刷し物理媒体として保管されているシステムログ

ログが印刷されているか否かは必ずしも法的要件とはなりません。ソフトウェアとしての記録が出力されるわけですから、物理的な証拠としての純粋さはないのです。

 

×:OS層において記録される基盤に近いシステムログ

OS層に近いログはシステム的なトレーサビリティも高まりますが、ユーザー操作との関連性も薄く、不正アクセスの証拠には向きません。

#16. HITECH法において必ずしも対象とならない者はだれでしょうか。

HIPAA適用事業者とそのビジネスを補佐する組織や個人に関しても、HIPAAの対象事業者と同じように扱われます。ヘルスケアの提供者、健康情報クリアリングハウス、健康保険計画者などが対象者になります。健康アプリの開発者は、身体情報の保持者もしくは計画をするのではなく、プログラマーとしての責務を負います。身体情報の管理の在り方を中心とするHITECHの対象とならない場合があります。よって正解は、「健康系アプリ開発者」になります。

詳細なHITECHの要件を知っておく必要はありません。情報を扱っているかどうかで分類し、消去法で回答することができます。

#17. 行動指示型の防御策として正しいものはどれでしょうか。

〇:従業員の意識が変わるような定期的な教育

行動指示型とは、組織的管理として従業員に求められる行動を指示する目的のコントロールです。従業員の意識が変わるような定期的な教育は、行動指示型に該当します。よって正解は、「従業員のセキュリティ意識が変わるような定期的な教育」になります。

×:ドローン監査を利用した遠隔的に指示する防御策

補強的(compensating)な防御策に当たります。

 

×:物理的な壁による行動心理的な障害とする防御策

物理的(physically)な防御策に当たります。

 

×:あるアクションを見直す再発防止策の立案

是正的(corrective)な防御策に当たります。

#18. IAB(Internet Activities Board)のインターネット資源の正しい利用に関する倫理において、倫理項目ではないものはどれでしょうか。

「倫理項目ではないもの」を選ぶ問題です。

インターネットを使う者に対して、IAB(Internet Activities Board)によるインターネットの資源の正しい利用についての表明されています。

  • インターネットの資源への認可されていないアクセスを得ようとすること。
  • インターネットの意図された利用を混乱させること。
  • そのような活動を通じて資源(人、能力およびコンピュータ)を無駄にすること。
  • コンピュータベースの情報の完全性を破壊すること。
  • ユーザのプライバシーを侵すこと。

#19. 国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)が共同で公表した情報セキュリティ標準のマッピングが正しくないものはどれですか?

〇:ISO / IEC 27005―情報セキュリティ管理システムの監査と認証を提供する機関のガイドライン

ISO / IEC 27005標準は、情報セキュリティリスク管理のガイドラインです。 ISO / IEC 27005は、ISMSの枠組みにおいてリスク管理をどのように実施すべきかについての国際標準である。

 

×:ISO / IEC 27002―情報セキュリティ管理の実践規範

情報セキュリティ管理の実践のためのコードなので正しくありません。従って、それは正しいマッピングを有する。 ISO / IEC 27002は、ISMSの開始、実装、または保守に関するベストプラクティスの推奨事項とガイドラインを提供します。

 

×:ISO / IEC 27003―ISMS実施のガイドライン

ISMS実装のガイドラインであるため正しくありません。従って、それは正しいマッピングを有する。 ISO / IEC 27001:2005に従ってISMSの設計と実装を成功させるために必要な重要な側面に焦点を当てています。 ISMSの仕様と設計プロセスの開始から実装計画の作成までを記述しています。

 

×:ISO / IEC 27004―情報セキュリティ管理測定およびメトリクスフレームワークのガイドライン

情報セキュリティ管理測定およびメトリクスフレームワークのガイドラインであるため、誤りである。従って、それは正しいマッピングを有する。 ISO / IEC 27001に規定されているように、ISMSおよび統制や統制のグループの有効性を評価するために、尺度の開発と使用に関するガイダンスを提供する。

#20. ソフトウェアのシステム管理者として大きな損害を被らないために実施できる効果的な方法はどれか?

〇:定期的なソフトウェアのアップデート

あなたはシステム管理者です。管理者として行うべきは定期的なソフトウェアのアップデートと言えます。よって正解は、「定期的なソフトウェアのアップデート」になります。

実施したほうが良いものがあるかもしれませんが、その中でもマシなものを選ぶことも実際の試験では試されるところでしょう。

 

×:洗練された製品選定

多くの場合には、お客様から提示された提案依頼書(RFP)に則って要件を満たす製品が選抜されていきます。既存のシステム管理者がこの協議の一端にかかわることもありますが、適切な回答ではありません。

 

×:上司へのいち早く報告

すべての仕事において、上司への報告は欠かせないところでしょう。ただここでは、ソフトウェアのシステム管理者としての立場に焦点を当てた回答のほうが適切と考えられます。

 

×:常駐体制

常駐体制をとることで、タイムリーに問題に対処することができるかもしれません。ただここでは、ソフトウェアのシステム管理者としての立場に焦点を当てた回答のほうが適切と考えられます。

終了