模擬試験(ドメイン1)

ドメイン1の試験です。

70%以上で合格になります。

Results

すばらしい!

まだ見ていないコンテンツがあるかも。

#1. システムアーキテクチャ、インストールソフトウェアに関わらず発生する攻撃はどれでしょうか。

〇:ソーシャルエンジニアリング

ソーシャルエンジニアリングとは、システムではなく人的ミスを誘う攻撃です。システムアーキテクチャ、インストールソフトウェアに関わらず発生します。

 

×:DDoS攻撃

DDoS攻撃は、DoS攻撃を対象のウェブサイトやサーバーに対して複数のコンピューターから大量に行うことです。

 

×:ランサムウェア

ランサムウェアとは、データを暗号化することで凍結し、持ち主に身代金を要求するマルウェアです。

 

×:ゼロデイ攻撃

ゼロディ攻撃とは、修正されるよりも前に公開された脆弱性を攻撃することです。

#2. 行動指示型の防御策として正しいものはどれでしょうか。

〇:従業員のセキュリティ意識が変わるような定期的な教育

行動指示型とは、組織的管理として従業員に求められる行動を指示する目的のコントロールです。従業員の意識が変わるような定期的な教育は、行動指示型に該当します。よって正解は、「従業員のセキュリティ意識が変わるような定期的な教育」になります。

 

×:ドローン監査を利用した遠隔的に指示する防御策

補強的(compensating)な防御策に当たります。

 

×:物理的な壁による行動心理的な障害とする防御策

物理的(physically)な防御策に当たります。

 

×:あるアクションを見直す再発防止策の立案

是正的(corrective)な防御策に当たります。

#3. P.A.S.T.A.による脅威分析として中核な考えはどれでしょうか。

P.A.S.T.A.とは、コンプライアンスとビジネス分析しながら、資産価値を保護する方法を見つける7ステップです。自分の資産を保護するには、まず何から手を付けたらよいのでしょうか。P.A.S.T.A.は道筋を指示してくれます。P.A.S.T.A.を使用すると、組織はアプリケーションとインフラストラクチャに対する攻撃者の視点を理解できるため、脅威管理プロセスとポリシーを発見できます。脅威を見つけることが主軸にあるため、リスク中心に考えるところと、シミュレーションがあるところが特徴です。

#4. Vender, Inc.は、ロゴの無断使用させたくありません。ロゴを保護し、他人がコピーして使用できないようにするのは、次のうちどれでしょうか?

〇:商標

知的財産は資源の種類に応じて、いくつかの異なる法律によって保護することができます。 商標は、ロゴなど、単語、名前、シンボル、サウンド、形、色、またはこれらの組み合わせを保護するために使用されます。企業がこれらの商標の1つ、またはその組み合わせを商標登録する理由は、世界に彼らの会社(ブランドアイデンティティ)を表すためです。 よって正解は、「商標」になります。

 

×:特許

特許とは、薬など発明すること大変なものに対して、技術の使用を独占する権利です。

 

×:著作権

著作権とは、音楽とか本とか、技術的なものでなくとも、考えて作ったものへの権利です。

 

×:営業秘密

営業秘密とは、顧客情報、製品の技術・製造方法など事業活動として有益であり機密としている情報です。

#5. 特定のセキュリティ管理策を実施すべきかどうかを最終決定する際に、最も適切な手法はどれですか?

〇:費用便益分析

許容範囲内でリスクを低減するためにコントロールを設置することを要求するために、リスクが現実的で十分に可能性があり、十分にインパクトがあると識別される対策を選択する必要があります。可能な対策のコストと便益を分析するだけで、どのような対策を取るべきかを決定することができます。

 

×:リスク分析

リスクの決定が、許容可能な閾値内でリスクを制御するために必要とされる可能性があることを特定する最初のステップに過ぎないため、誤りです。

 

×:ALEの算出

年間予想損失額(ALE)は、特定の脅威が実際になった場合に失う可能性があることを会社に知らせるためのものです。ALEの価値は費用対効果の分析に入りますが、ALEは対抗措置の費用と対策のメリットに対処していません。

 

×:リスクを引き起こす脆弱性と脅威の特定

脆弱性や脅威の評価が対策の必要性を認識させているにもかかわらず、その評価だけでは競合​​する対策の中でどのようなコスト効果が見込まれているのか判断できないため正しくありません。

#6. 資産価値を評価する際に、いくつかの算出方法があります。次のうち資産の価値を判断するために使用されないものはどれですか?

〇:資産をカバーするために必要な保険の水準

使用されないものを選ぶ問題です。資産価値(AV、Asset Value)の算出方法にはいくつかあり、市場で似た資産を参考にするマーケットアプローチ、将来的に稼ぐであろう利益で計る収益アプローチ、資産に使ったコストで計るコストアプローチになります。資産をカバーするために必要な保険の水準というのは、資産価値を特定し適切なリスク分析を行ったうえで行われる意思決定で、組織はその資産を購入する保険範囲のレベルをより簡単に判断できます。よって正解は、「資産をカバーするために必要な保険の水準」になります。

 

×:外部市場における資産の価値

市場で似た資産を参考にする手法は、マーケットアプローチとして知られています。

 

×:資産の購入、ライセンス供与、およびサポートの初期費用と出費

資産に使ったコストで計る手法としては、コストアプローチとして知られています。

 

×:組織の生産業務に対する資産価値

将来的に稼ぐであろう利益で計る手法としては、収益アプローチとして知られています。

#7. インターネットアーキテクチャ委員会は、技術と倫理に関してどのような役割を果たしていますか?

〇:インターネットの利用に関する倫理関連の声明を発表する。

インターネットアーキテクチャ委員会(IAB)は、インターネットの設計、エンジニアリング、および管理のための調整委員会です。これは、IETF(Internet Engineering Task Force)活動、インターネット標準プロセスの監視とアピール、RFC(Request for Comments)の編集者のアーキテクチャーの監視を担当しています。 IABは、インターネットの使用に関する倫理関連の声明を発表しています。インターネットは、可用性とアクセシビリティに依存するリソースであり、幅広い人々にとって有用であると考えられています。主に、インターネット上の無責任な行為がその存在を脅かすか、または他人に悪影響を与える可能性があります。

 

×:刑事判決のガイドラインを作成します。

IABは、個人または企業が犯した特定の重罪または軽犯罪に対する適切な懲罰的判決を決定する際に裁判官が使用する規則である連邦裁判所ガイドラインとは関係がないため、間違っています。このガイドラインは、米国連邦裁判所のシステムにおいて、重罪および/または重度の軽犯罪を行う団体のための統一的な判決方針として機能します。

 

×:RFCを編集します。

インターネットアーキテクチャ委員会がRFC(Request for Comments)の編集を担当していますが、このタスクは倫理に関係しないため、正しくありません。この選択肢は気を散らすものです。

 

×:コンピュータ倫理の十戒を維持します。

IABではなくコンピュータ倫理研究所がコンピュータ倫理の十戒を開発し維持しているため、間違っています。コンピュータ倫理研究所は、倫理的手段によって技術を進歩させるために働く非営利団体です。

#8. 情報セキュリティの概念上、プライバシー情報と言い切れないものはどれでしょうか。

各学校の管理によって任せられる学生番号は個人を特定するに十分な情報とは言えないため、プライバシー情報と言い切れません。

#9. リスクの関係性を示す計算式として最も近いものはどれでしょうか。

脅威が少なくとも、脆弱性が致命的なものであれば、多大な影響つまりリスクとなります。そのため、四則演算の関係で最もよく示したのは乗数(×)になります。

#10. 著作権を保護するためのアクセス制御手段を侵害しようとする技術など犯罪とする米国の著作権法は次のどれですか?

〇:デジタルミレニアム著作権法

デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act:DMCA)は、著作権物を保護するために設けられたアクセス制御手段を侵害する技術などを犯罪とする米国の著作権法です。よって正解は、「デジタルミレニアム著作権法」になります。

電子書籍を保護する独自の方法を「ロック解除」する方法を見つけたら、この行為を請求することができます。実際の著作権で保護された書籍を誰かと共有しなくても特定の法律は破られており、有罪判決が下されます。

 

×:COPPA

児童オンラインプライバシー保護法(Children’s Online Privacy Protection Act、COPPA)とは、インターネット上で安全に子どもサイト向けを使えるように、もし何の規約もなしに子どもたちを危機にさらすことを禁止する法律です。

 

×:連邦プライバシー法

そのような法律はありませんが、近いところで米国連邦データプライバシー法があります。これは、米国の連邦レベルでの包括的な個人情報保護法になります。

 

×:GDPR

一般データ保護規則(GDPR)とは、データ保護指令をより厳しくしたEU市民のプライバシー法です。

#11. セキュリティの観点からマーケティング指標を測る意味はあるだろうか。

〇:ある。企業目標を達成するのにセキュリティがあるため同一の目標を持つべきだ。

組織目標を達成する指標として、KPIなどのマーケティン指標がある。組織にセキュリティ機能を整備することも、これらの目標を達成するための存在する。

 

×:ある。セキュリティ業界のマーケティングはリスクオフが認められる。

「セキュリティ業界におけるマーケティング」では、組織としてセキュリティ機能を整える意味ではない。

 

×:ない。分業体制を徹底し専門家に任せるべきだ。

確かに組織の分業は大事ですが、組織のすべての構成員がセキュリティを意識する必要があります。

 

×:ない。役員判断となるような機密情報はセキュリティと無関係だ。

セキュリティは組織全体で取り組むべきものです。関係ないとは言えません。

#12. IAB(Internet Activities Board)のインターネット資源の正しい利用に関する倫理において、倫理項目ではないものはどれでしょうか。

「倫理項目ではないもの」を選ぶ問題です。インターネットを使う者に対して、IAB(Internet Activities Board)によるインターネットの資源の正しい利用についての表明されています。

  • インターネットの資源への認可されていないアクセスを得ようとすること。
  • インターネットの意図された利用を混乱させること。
  • そのような活動を通じて資源(人、能力およびコンピュータ)を無駄にすること。
  • コンピュータベースの情報の完全性を破壊すること。
  • ユーザーのプライバシーを侵すこと。

#13. セキュリティ侵害を防ぐための合理的な行動を行うことは何というでしょうか。

〇:デューケア

デューケアとは、状況に応じてセキュリティ違反を防止するために合理的に実行できたすべてのことを会社が行い、セキュリティ違反が発生した場合に適切な管理や対策を講じることです。要するに、企業が常識と慎重な経営を実践し、責任を持って行動しているということです。ある企業が免火性がない施設を持っている場合、その放火犯はこの悲劇の小さな部分に過ぎないでしょう。同社は、火災の影響を受ける可能性があるすべての重要な情報の特定の地域、警報、出口、消火器、およびバックアップの火災検知および抑制システム、耐火建築材料の提供を担当しています。火災により会社の建物が燃えてしまい、すべての記録(顧客データ、在庫記録、および事業の再構築に必要な情報)が消滅した場合、当社はその損失から保護されるように注意を払っていないと言えます。たとえば、オフサイトの場所にバックアップするなどが可能でしょう。この場合、従業員、株主、顧客、そして影響を受けたすべての人が潜在的に会社を訴える可能性があります。しかし、会社がこれまでに挙げた点で期待していたことをすべて実行した場合、適切なケア(ディーケア)を怠っても成功すると訴えることは困難です。

 

×:下流の責任

ある企業の活動(またはその活動の欠如)が他の会社に悪影響を与える可能性があるため、間違っていることです。いずれかの企業が必要なレベルの保護を提供せず、その過失が協力しているパートナーに影響を及ぼす場合、影響を受けた企業は上流の会社を訴えることができます。たとえば、A社とB社がエクストラネットを構築したとします。 A社はウイルスを検出して対処するためのコントロールを導入していません。 A社は有害なウイルスに感染し、B社にはエクストラネットを通じて感染します。このウイルスは重要なデータを破壊し、B社の生産に大きな障害をもたらします。したがって、B社は、A社を怠慢であると訴えることができます。これは下流の責任の一例です。

 

×:責任

一般的に特定の当事者の義務と予想される行動や行動を指すため、正しくありません。義務は、特定の義務をどのように果たすかを当事者が決定することを可能にする、より一般的かつオープンなアプローチである必要な特定の行動の定義されたセットを有することができる。

 

×:デューデリジェンス

おしい回答です。デューデリジェンスとは、会社がその可能性のある弱点や脆弱性のすべてを適切に調査することです。自分を適切に保護する方法を理解する前に、あなたが自分を守っていることを知る必要があります。現実のリスクレベルを理解するために、現実のレベルの脆弱性を調査し評価します。これらのステップと評価が行われた後でさえ、効果的な管理と保護手段を特定し、実施することができます。デューデリジェンスとは、すべての潜在的なリスクを特定することを意味します。

#14. セキュリティドキュメントの最上位に位置するものはどれでしょか。

セキュリティドキュメントとは、達成すべきセキュリティを文書化したものです。”強いセキュリティ”を実現するためには明確な定義が必要です。その定義は組織によって異なるため、文章化する必要があります。ポリシーをトップとして5つの文書あり、それぞれ作成の必須・任意が決まっています。

#15. マークスはセキュリティ監査員である。不正アクセスの法廷証拠としてシステムログを提供したい。システムログとして満たしておくべき要件は何でしょうか。

〇:日常的に稼働し、取得しているシステムログ

不正アクセスであるかどうかは、一般的な使い方と異なることを示す必要があります。また、日常的に取得していないログに関して法的証拠としての信頼性も薄くなります。

 

×:国際基準に準拠している洗練された製品から得られるシステムログ

マーケット的に洗練されているか否かは、法廷証拠の要件ではありません。逆に言えば、自社開発のソフトウェアが法的証拠に使えないというのは考えにくいでしょう。

 

×:印刷し物理媒体として保管されているシステムログ

ログが印刷されているか否かは必ずしも法的要件とはなりません。ソフトウェアとしての記録が出力されるわけですから、物理的な証拠としての純粋さはないのです。

 

×:OS層において記録される基盤に近いシステムログ

OS層に近いログはシステム的なトレーサビリティも高まりますが、ユーザー操作との関連性も薄く、不正アクセスの証拠には向きません。

#16. セキュリティガバナンスプログラムを実施している会社の特徴ではないものはどれですか?

〇:すべてのセキュリティ活動はセキュリティ部門内で実施

すべてのセキュリティ活動がセキュリティ部門内で行われる場合、セキュリティはサイロ内で機能し、組織全体に統合されません。セキュリティガバナンスプログラムを導入している企業では、経営幹部から指揮系統まで、組織全体にセキュリティの責任が浸透しています。一般的なシナリオは、特定の事業部門のリスク管理活動を担当する事業部長を執行する経営幹部の管理です。さらに、従業員は悪意のあるもしくは偶発的に発生しているセキュリティ違反に対して責任を負います。

 

×:役員は同社のセキュリティ状態について四半期ごとに更新

正しくありません。セキュリティガバナンスとは、戦略指針を提供し、目標が達成されていることを確認し、リスクが適切に管理されていることを確認し、リソースは責任を持って使用されます。セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織には、セキュリティの重要性を理解し、組織のセキュリティパフォーマンスと違反を認識している取締役会があります。

 

×:セキュリティ製品、サービス、およびコンサルタントは情報に基づいた方法で展開

セキュリティガバナンスは、製品、人材、トレーニング、プロセスなどを含む統合セキュリティコンポーネントの一貫したシステムであるため、正しくありません。したがって、セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織は、セキュリティ製品、管理サービス、情報に基づいた方法でコンサルタントを支援します。彼らはまた、彼らがコスト効果があることを確認するために絶えず見直されています。

 

×:組織はセキュリティを向上させるための指標と目標を確立

セキュリティガバナンスが性能測定および監督の仕組みを必要とするため不正確である。セキュリティガバナンスプログラムを導入している組織は、継続的な改善を目標として、セキュリティを含むプロセスを継続的に見直しています。一方、セキュリティガバナンスプログラムを欠いている組織は、そのパフォーマンスを分析せずに進んでいく可能性があり、したがって同様のミスが繰り返されます。

#17. 年間予想損失額(ALE)の計算式として正しいものはどれでしょうか。

年間予想損失額は、将来発生しうる損失に対して、発生頻度から年間で均した値です。そのため、単一損失額(SLE)と年間発生頻度(ALO)を乗じた値になります。

#18. Alice は小さなオンライン小売会社を経営しており、顧客の多くは米国の人達です。現在は、ブロックチェーンベースの決済のみ受け付けていますが、クレジットカードの利用も検討しているそうで す。PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)の要件を調査した結果、彼女 はコンプライアンスのコストが収益の増加を上回ると判断しました。この決断を最もよく表しているのは、次のうちどれでしょうか。

これは、リスク回避の典型的な例です。シニアマネジメントは、報酬がリスクに見合わないため、そ の事業が戦略的目標に適合しないと判断したのです。

また、この回答はCISSPらしいといえるでしょう。セキュリティリスクに対してすべて対応するのではなく企業目標を達成するための最低限のレベルを確保するものであり、コストメリットが無ければ否定します。

#19. 効果的な物理的なセキュリティプログラムをロールアウトする前に、いくつかのステップを取らなければいけません。次の手順のうち、セキュリティプログラムを展開する過程で最初にくるものはどれでしょうか?

〇:リスク分析を実施します。

記載された手順の中で、効果的な物理的なセキュリティプログラムを展開するのみ実施する初めの手順は、脆弱性や脅威を識別し、各脅威のビジネスへの影響を計算するために、リスク分析を行うことです。チームは経営者にリスク分析の結果を提示し、物理的なセキュリティプログラムのための許容可能なリスクレベルを定義するために、リスク分析をしています。そこから、チームが評価し、ベースラインが実装によって満たされているかどうかを判断していきます。チームがその対応策を特定し、対策を実装したら、パフォーマンスを継続的に評価します。これらのパフォーマンスは、設定されたベースラインと比較されます。ベースラインが継続的に維持されている場合は、同社の許容可能なリスクレベルを超えていないため、セキュリティプログラムが成功しているといえます。

 

×:対策のパフォーマンスメトリックを作成します。  

対策のパフォーマンスメトリックを作成する手順は、物理的なセキュリティプログラムを作成するための最初のステップではないので、間違っています。パフォーマンスベースで監視されている場合、プログラムがどのように有益かつ効果的であるかを判定するために利用できます。組織の物理的なセキュリティの保護に投資するときにビジネス上の意思決定を行うための管理を可能にします。目標は、物理的なセキュリティプログラムの性能を向上させ、費用対効果の高い方法で会社のリスクを減少させることことにつながります。あなたは、パフォーマンスのベースラインを確立し、その後、継続的に企業の保護の目標が満たされていることを確認するために、パフォーマンスを評価する必要があります。可能なパフォーマンスメトリックの例としては、成功した攻撃の数、成功した攻撃の数、および攻撃のために要した時間を含みます。

 

×:設計プログラムを作成します。  

プログラムを設計することは、リスク分析の後に行われるべきであるので間違っています。リスクのレベルを理解したら、次に設計フェーズは、リスク分析で識別された脅威から保護するために行うことができます。抑止、遅延、検出、評価、応答の設計は、プログラムの各カテゴリのために必要なコントロールを組み込むでしょう。

 

×:対策を実装します。  

対策を実施することは物理的なセキュリティプログラムを展開プロセスの最後のステップの1つですので、間違っています。

#20. 米国のHIPAA法には3つのコアルールがあります。次のうち、コアルールではないものはどれですか?

HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)には、プライバシールール、セキュリティルール、違反通知ルールの3つのルールがあります。この規則は、管理上、物理的、および技術的な保護手段を義務付けています。

終了