API

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

APIとは

API(アプリケーションプログラミングインタフェース)とは、プログラムの機能や管理するデータを外部から呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めたものです。

プログラム開発するとき、作るのが面倒や大量のデータが必要な機能があります。

その時には、機能を持って公開されているAPIを使います。

APIは、そこにリクエストを送るだけで結果を返してくれるようになっています。