スマートカード

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

スマートカードとは

スマートカードは、入館証など本人確認を所有物でさせたいときに使われます。

Suicaや学生証、マイナンバーまでカードに満ち溢れています。カード形式であればかさばらないですし、持ち歩きやすいというメリットがありますね。

スマートカードには、非接触または非接触のものがあり、スマートカードにはICC(Integrated Circuit Card)を使用したコンピューター回路が内蔵されています。

これを、読み取り機に挿入するとRFID(Radio Frequency Identification)を使用しRFIDトランシーバーによって読み取られます。

磁気ストライプカードとは、コンピューター回路を内包しおらず、リーダーをスワイプすることで読み取ります。この手のカードは複製は非常に簡単です。

スマートカードにも穴がある

スマートカードは便利ですが、便利さと安全さはトレードオフです。そのため、次のような技術を用いた攻撃には注意が必要です。

  • マイクロプローブ技術 表面に直接接触して読み取る技術
  • 盗聴技術 カード読み取り機の電波放射を盗聴する技術
  • 障害生成技術 異常な環境条件で誤作動を起こす技術(その隙に侵入する)
  • ソフトウェア攻撃 プロトコル・暗号アルゴリズムなどの脆弱性