照明

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

照明の役割

照明は、夜間や災害時において、侵入者の発見と牽制として使われます。

光があれば夜間でも侵入者を捕捉することができます。

そのため、光のあるところ自体が侵入者から見れば牽制になります。

照明いろいろ

照明は、光るタイミングでいくつかの種類に分けられます。

  • 連続照明 ずっとついている
  • トリップ照明 センサーに引っかかった時につく
  • 予備照明 他の照明がつかなかったとき用の予備
  • 非常用照明 施設の電気が落とされるとつく

適切な位置

また、適切な高さと光の広さもあります。

  • 高さ:8フィート(約2.4m)
  • 広さ:2フィート(約0.6m)