模擬試験(ドメイン7)

ドメイン7の試験です。

70%以上で合格になります。

Results

すばらしい!

まだ見ていないコンテンツがあるかも。

#1. 運用チームは、データのバックアップを一定頻度で取得する責任があります。すべてのデータをバックアップされた最後の時間以降に変更されたファイルをバックアップするのは、次のうちどれか。

〇:差分バックアップ

バックアップの方法には、完全、差分、増分があります。ほとんどのファイルは非常に時間とリソースを節約するために、毎日変更されず、それが継続的に変更されていないデータについてはバックアップしないバックアップ計画を策定するのが良いでしょう。バックアップソフトウェアでは、ファイルが変更または作成された場合、ファイルシステムはアーカイブビットを設定し、バックアップソフトウェアはそのファイルをバックアップするべきかを判断します。差分バックアップは、最後の完全バックアップ以降に変更されたファイルをバックアップします。よって正解は、「差分バックアップ」になります。

 

×:増分バックアップ

増分バックアップは、最後のバックアップから変更されたすべてのデータをバックアップします。

 

×:完全バックアップ

完全バックアップとは、データベース全体またはシステムのすべてをバックアップします。

 

×:部分バックアップ

バックアップのカテゴリーにありません。

#2. 特定のシステムハードウェアに関する情報を整理する場合、次のどの計画で実施しますか?

DRP(災害復旧計画)とは、災害時に重要なITシステムの復旧または継続を可能にするための短期計画、ポリシー、手順、およびツールを作成するプロセスです。重要なビジネス機能をサポートするITシステムと、災害後にそれらをどのように復旧させるかに焦点を当てています。例えば、分散型サービス拒否(DDOS)攻撃に見舞われた場合、サーバーが危険にさらされた場合、停電が発生した場合などにどうするかを検討します。BCPはより何が起こるべきなのかということに焦点を当てており、必ずしもシステム要件は含まれません。

#3. システム管理者は管理しているシステムにおいてあまりにも緊急アラートが上がるため、対応負荷が過度になってしまうことを嫌気しています。その対策の一つとしてユーザーが5回以上ログインに失敗した場合にそのイベントを確認するようにした。次のうちどの利用した技術したものか?

クリッピングレベルとは、ある閾値を超えたときにレポーティングすることで対応負担を少なくするためのテクニックです。具体的には、ログイン試行回数やアクセス数や処理速度などが正常ではないことを判断するための閾値のことです。

#4. NISTは継続計画を作成するためのベストプラクティスを定義している。重要な機能やシステムの特定と優先順位付けを行うフェーズはどれですか?

〇:ビジネスインパクト分析を実施

事業継続計画を作成するために特定の方法論を守らなければならないわけではありませんが、ベストプラクティスは時間の経過とともに証明されています。国立標準技術研究所(NIST)の組織は、これらのベストプラクティスの多くを開発し、すべての人が容易に利用できるように文書化する責任があります。 NISTは、Special Publication 800-34 Rev 1「連邦情報システムの継続計画ガイド」の7つのステップを概説しています。ビジネスインパクト分析を実施する。予防的コントロールを特定する。偶発的戦略を作成する。情報システム緊急時対応計画を策定する。計画のテスト、トレーニング、演習を確実にする。計画を確実に維持する。ビジネスインパクト分析においては、重要な機能やシステムを特定し、必要に応じて優先順位を付けることができます。また、脆弱性や脅威を特定し、リスクを計算することも含まれます。

 

×:予防的コントロールを特定

予防的コントロールを特定では、重要な機能やシステムが優先され、その脆弱性、脅威、および特定されたリスク(すべてビジネスインパクト分析の一部である)の後で予防制御を特定する必要があります。

 

×:継続計画方針声明を作成

継続計画方針声明を作成では、事業継続計画の策定に必要な指針を提供し、これらのタスクを実行するために必要な役割に権限を割り当てるポリシーを作成する必要があります。正しくありません。これは、ビジネス継続計画を作成する最初のステップであり、ビジネス影響分析の一部である重要なシステムと機能を特定し、優先順位を付ける前に行われます。

 

×:コンティンジェンシー戦略を作成

コンティンジェンシー戦略の作成には、システムと重要な機能を迅速にオンライン化できるようにするための方法を策定する必要があります。これを実行する前に、重要なシステムと機能を判断するためにビジネスインパクト分析を実施し、復旧中に優先順位を付ける必要があります。

#5. あなたはセキュリティ管理者として、ウイルス感染に対応しています。ある日、ウイルス対策アプリケーションは、ファイルが危険なウイルスに感染していると検知しました。そのファイルを駆除すると正常なファイル内容そのものが損傷する可能性があります。 あなたは、どのような行動を取るべきですか?

〇:ウイルスがパッチされていないファイルバージョンをバックアップメディアから復元します。

最善の方法は、バックアップメディアからパッチされていないファイルの未感染バージョンをインストールすることです。 ファイルを駆除しようとすると破損する恐れがあり、クリーンであることがわかっているファイルを復元することが重要です。何より影響を広げないことが大事ですが、ファイルを一方的に削除しようとすると、後の調査に利用できなくなる恐れもあります。よって正解は、「ウイルスがパッチされていないファイルバージョンをバックアップメディアから復元します。」になります。

 

×:前日に保存したファイルに置き換えます。

前日保存したファイルにもウイルスが存在している可能性があります。

 

×:ファイルを削除し、ベンダーに連絡します。

ファイルを削除した場合、正常なファイル内容そのものが損傷する可能性があることが、本問題の条件となっていますので、不正解になります。

 

×:データをバックアップし、ファイルを削除します。

ウイルスの入っているデータをバックアップし、ファイルを削除してもクリーンな状態にはならないため、不正解となります。

#6. 重要なアプリケーションではサーバクラスター構成がとられますが、どのような機能を達成するためのこの構成をとるのでしょうか。

クラスタリングはフォールトトレランスのために設計されています。多くの場合には負荷分散と組み合わされますが、本質的には別物です。クラスタリングは稼働をアクティブ/アクティブにすることができます。その上で負荷分散の機能により、複数台サーバのトラフィックを処理します。一方で、アクティブ/パッシブでは、指定されたプライマリアクティブサーバーとセカンダリパッシブサーバーがあり、パッシブは数秒ごとにキープアライブまたはハートビートを送信します。

#7. 災害復旧計画(Disaster Recovery Planning)のライフサイクルのフェーズではないものはどれですか?

災害復旧計画(Disaster Recovery Planning)には、軽減、準備、対応、および回復のライフサイクルがあります。

  • 軽減:災害の影響と可能性を減らします。
  • 準備:対応のためのプログラム、手順、ツールを作成します。
  • 対応:手順に従って、災害時にどのように対応するか。
  • 回復:基本機能を再確立し、完全な本番環境に戻します。

#8. RAIDシステムの冗長アレイでは、データおよびパリティ情報がいくつかの異なるディスクにストライピングされます。 パリティ情報とは何ですか?

〇:データの再構築に使用される情報

RAIDは、ハードドライブとそれが保持するデータにフォールトトレランスを提供し、システムパフォーマンスを向上させることができます。 冗長性と速度は、データを分割して複数のディスクに書き込むことによって提供され、異なるディスクヘッドが同時に動作して要求された情報を取り出すことができます。 制御データも各ディスクに分散されています。これはパリティと呼ばれ、1つのディスクに障害が発生した場合、他のディスクが連携してデータを復元できます。

 

×:新しいデータを作成するために使用される情報

パリティ情報が新しいデータを作成するために使用されるのではなく、紛失または破損したデータを再作成する方法の指示として使用されるため、誤りです。

 

×:データの消去に使用される情報

パリティ情報はデータの消去には使用されません。紛失または破損したデータを再作成する方法の指示として使用されるため、誤りです。

 

×:データの構築に使用される情報

パリティ情報を使用してデータは作成されません。紛失または破損したデータを再作成する方法についての指示として使用されるため、誤りです。

#9. すべての証拠を確保し、それを検証する者に示す情報として表記する目的を達成するにあたって最も関連するものはどれですか?

〇:加工・流通過程の管理

デジタルフォレンジックプロセスの重要な部分は、証拠の親権の適切なチェーンを保つことです。「すべての証拠を確保し、それを検証する者に示す情報として表記する目的」から証拠保全(Chain of Custody)を想定し、最も近しい定義であるものを選択する問題構成となっております。

 

×:相当な注意

相当な注意が合理的な人が同じような状況で行うことが期待される活動を行うことを意味するので、間違っています。

 

×:調査

調査はインシデント対応プロセスの間に、関連するデータの適切な収集を含み、分析、解釈、反応、および回復が含まれているため正しくありません。

 

×:動機、機会、手段

動機、機会、手段(MOM)は、ある犯罪に対して誰によって行われた理由を理解するために使用される戦略であるため、正しくありません。

#10. 次のバックアップタイプのうち、バックアップ時にWindowsシステムのアーカイブビットをクリアしないものはどれですか?

アーカイブビットとは以前のバックアップ時点からの更新されたものを示します。フルバックアップは全量バックアップ対象であり、変更箇所を意識する必要がありません。増分バックアップも、バックアップ部分があらかじめ決められているため、変更箇所を意識する必要がありません。したがって、両方ともにアーカイブビットをクリアします。しかし、差分バックアップは変更箇所のみをバックアップ対象と知るため、アーカイブビットをクリアしません。

#11. 異なる指標によってを損傷および回復の要件を測定することは、リスクを定量化するのに役立ちます。RPO(Recovery Point Objective)とRTO(Recovery Time Objective)について正しいものはどれでしょうか?

RPO(Recovery Point Objective)とは、障害発生時、過去時点のデータの復旧目標値です。障害が発生した際には、現在扱っているデータがなくなります。なくなってしまったデータはバックアップから復旧する必要がありますが、そのバックアップが現時点からどれぐらい過去のものであるかが重要になります。

RTO(Recovery Time Objective)とは、障害発生時、いつまでに復旧させるかを定めた目標値です。障害が発生した際に、いつまでもサービスを利用できないことは避けなければなりません。障害対応手順と災害訓練を実施し、障害が発生してからサービス起動に係るまでの目標値を定めておく必要があります。

#12. ソフトウェアのシステム管理者として大きな損害を被らないために実施できる効果的な方法はどれか?

〇:定期的なソフトウェアのアップデート

あなたはシステム管理者です。管理者として行うべきは定期的なソフトウェアのアップデートと言えます。よって正解は、「定期的なソフトウェアのアップデート」になります。

この”何とでも言えそうな”問題が非常に厄介です。重要なことは、問題文をよく読み、出題者の意図をくみ取ってあげることです。この問題文のポイントは”システム管理者”です。システム管理者の役割をより適した選択肢を選ぶ必要があります。

 

×:洗練された製品選定

多くの場合には、お客様から提示された提案依頼書(RFP)に則って要件を満たす製品が選抜されていきます。既存のシステム管理者がこの協議の一端にかかわることもありますが、適切な回答ではありません。

 

×:上司へのいち早く報告

すべての仕事において、上司への報告は欠かせないところでしょう。ただここでは、ソフトウェアのシステム管理者としての立場に焦点を当てた回答のほうが適切と考えられます。

 

×:常駐体制

常駐体制をとることで、タイムリーに問題に対処することができるかもしれません。ただここでは、ソフトウェアのシステム管理者としての立場に焦点を当てた回答のほうが適切と考えられます。

#13. 次のうち災害復旧テストでの構造化ウォークスルーテストはどれですか?

〇:各部門の代表者が集まり、妥当性の検証受けます。

構造化されたウォークスルーテストでは、機能的な担当者が計画を満たしてレビューし、その正確性や妥当性を確認します。

 

×:一部のシステムが代替サイトにて実行されることを保証します。

これは並列テストを記述しているため、正しくありません。

 

×:すべての部署に災害復旧計画のコピーを送付し、その完全性を確認します。

これはチェックリストテストを記述しているため、正しくありません。

 

×:通常運用システムをダウンさせます。

これは完全中断テストを記述しているため、正しくありません。

 

#14. 根本原因分析では、インシデントを発生させた根本的な弱点や脆弱性を明らかにします。根本原因分析を行わなければ、同じ問題に再び直面する可能性が高いです。どのフェーズで実行されるでしょうか?

インシデントの原因を理解し、後の復旧段階でシステムを確実にクリーンアップして運用状態に戻せるようにします。前フェーズのResponseとの違いは根本的な原因の解決になります。システムへの明白な侵入経路を取り除いたとしても、攻撃でインストールされたバックドアやその他のマルウェアを見逃している可能性もあります。

根本原因分析では、インシデントを発生させた根本的な弱点や脆弱性を明らかにします。根本原因分析を行わなければ、同じ問題に再び直面する可能性が高いです。影響を受けたシステムだけでなく、特定の脆弱性や一連の脆弱性を持つ組織内のあらゆるシステムの脆弱性を修正する必要があります。例えば、脆弱なパスワードポリシーや暗号化がシステム侵害の根本的な原因となっている場合、その脆弱性を取り除くために対策を講じることになります。

#15. さまざまなレベルのRAIDが、RAIDシステム内で発生するアクティビティのタイプを決定します。どのレベルのRAIDがバイトレベルのパリティに関連していますか?

〇:RAIDレベル3

RAIDの冗長アレイは、ハードドライブのフォールトトレランス機能を提供し、システム性能を向上させることができます。 冗長性と速度は、データを分割して複数のディスクに書き込むことによって提供され、異なるディスクヘッドが同時に動作して要求された情報を取り出すことができます。この時、回復データも作成されます。これはパリティと呼ばれます。1つのディスクに障害が発生した場合、パリティデータを使用して破損した情報や失われた情報を再構築できます。 RAIDシステムの異なるレベルでフォールトトレランスまたはパフォーマンスの向上を提供するさまざまなアクティビティが発生します。 RAIDレベル3は、バイトレベルのストライピングと専用のパリティディスクを使用する方式です。

 

×:RAIDレベル0

RAIDレベル 0では、ストライピングのみが発生するため、間違っています。

 

×:RAIDレベル5

RAIDレベル 5では、すべてのディスクでブロックレベルのストライピングとインタリーブパリティを使用するため、間違っています。

 

×:RAIDレベル10

RAIDレベル 10では、ストライピングとミラーリングに関連しているため、間違っています。

#16. コンピュータやネットワークデバイスによって生成された監査ログを保護する重要性は、今日の多くの規制で要求されていると通り、以前に増して強調されています。 監査ログを保護する理由を説明していないのはどれですか?

〇:監査ログの形式は不明であり、侵入者はそもそも利用できません。

監査ツールは、ネットワーク内、ネットワークデバイス上、または特定のコンピュータ上のアクティビティを追跡する技術的なコントロールです。 監査はネットワークやコンピューターへのエンティティのアクセスを拒否するアクティビティではありませんが、セキュリティ管理者が行われたアクセスの種類の理解、セキュリティ違反の特定、または疑わしいアクティビティの管理者への警告を行うようにアクティビティを追跡します。 この情報は、他の技術的コントロールの弱点を指摘し、管理者が環境内で必要なセキュリティレベルを維持するために変更を加える必要がある場所を理解するのに役立ちます。侵入者はこれらの弱点を悪用するためにもこの情報を使用することができます。したがって、ハッシュアルゴリズムのように、権限、権限、および整合性の制御によって監査ログを保護する必要があります。 しかし、システムログのフォーマットは、一般にすべての同様のシステムで標準化されています。 ログ形式を非表示にするのは通常の対策ではないため、監査ログファイルを保護する理由ではありません。

 

×:適切に保護されていない場合、その監査ログは起訴中に認められないことがあります。

監査ログが裁判所で認められるためには、監査ログを保護するために細心の注意を払わなければならないので、間違っています。 監査証跡を使用して、後で調査できる疑わしい活動についてのアラートを提供することができます。さらに、攻撃がどれほどの距離で行われたのか、また、発生した可能性のある損傷の程度を正確に把握する上で有益です。 刑事訴訟や調査のような後の出来事に使用する必要がある場合に備えて、収集されたすべてのデータを適切かつ正確に表すことができるように、適切な管理の連鎖が維持されていることを確認することが重要です。

 

×:監査ログには機密データが含まれているため、特定のサブセットのユーザーのみがアクセスできるようにする必要があります。

管理者およびセキュリティ担当者だけが監査証跡情報を表示、変更、および削除できる必要があるため、正しくありません。 他の人はこのデータを見ることができず、変更や削除はほとんどできません。 デジタル署名、メッセージダイジェストツール、強力なアクセスコントロールを使用することで、データの完全性を保証することができます。 その機密性は、必要に応じて暗号化とアクセス制御で保護することができ、データの損失や改ざんを防ぐためライトワンスメディアに保管することができます。 ログを監査する権限のないアクセス試行をキャプチャして報告する必要があります。

 

×:侵入者は、活動を隠すためにログをスクラブしようとすることがあります。

侵入者があなたの家に侵入した場合、指紋や犯罪行為と結びつけるために使用できる手がかりを残さないように最善を尽くします。コンピュータ詐欺や違法行為についても同様です。攻撃者は、この識別情報を保持する監査ログを削除することがよくあります。文中では削除することをスクラブと表現しています。この情報を削除すると、管理者に警告やセキュリティ侵害を認識し、貴重なデータが破壊されることができないことがあります。 したがって、厳密なアクセス制御によって監査ログを保護する必要があります。

#17. 目標復旧時間(RTO)と最大許容停止時間(MTD)メトリックは、同じような役割を持っていますが、その値の定義は違います。次のベストのどれがRTOとMTDメトリックの違いについて説明しますか?

MTDは組織の評判やボトムラインへの深刻で修復不可能な損傷を意味するまでの時間を表します。RTO値は、MTD値よりも小さいです。RTOは、許容可能なダウンタイムの期間があることを前提としています。

#18. 次のうち、ビジネスインパクト分析において最も早く実行されるステップはどれですか?

〇:データ収集技術の作成

選択肢の内、ビジネスインパクト分析(BIA)の第一歩は、データ収集技術を作成することです。 BCP委員会は、アンケートやインタビューを使用して、プロセス、取引、サービスのいずれかの関連する依存関係とともに、組織内でどのように異なる作業がどのように達成されるかに関する重要な人物の情報を収集します。プロセスフロー図は、このデータから作成し、BIAおよび計画開発段階全体で使用する必要があります。

 

×:それぞれの異なるビジネス機能のリスク計算

ビジネス機能が識別された後に各ビジネス機能のリスクが計算されるため正しくありません。そしてその前にも、BCPチームは重要な人員からデータを集める必要があります。各ビジネス機能のリスクを計算するには、定性的および定量的影響情報を収集し、適切に分析し、解釈する必要があります。データ分析が完了したら、会社内で最も知識のある人と見直して、結果が適切であることを確認し、組織が直面している実際のリスクと影響を説明する必要があります。これにより、最初に取得されなかった追加のデータポイントがフラッシュされ、すべての可能性のあるビジネスへの影響を完全に理解することができます。

 

×:重要なビジネス機能の特定

重要なビジネス機能の特定は、BCP委員会が重要な人物にインタビューして調査することによって存在するビジネス機能について知った後に行われるため、正しくありません。データ収集フェーズが完了すると、BCP委員会は、プロセス、デバイス、または業務活動が重要かを判断するための分析を実施します。

 

×:ビジネス機能に対する脆弱性と脅威特定

ビジネスインパクト分析では、プロセスを進めるにしたがって、脆弱性やビジネス機能に対する脅威を特定していくため最初のステップとは言えず、不正確です。答えに記載されているステップのうちでは、最後のステップです。脅威は、人為的、自然的、または技術的なものである可能性があります。可能性のあるすべての脅威を特定し、発生する可能性を推定することが重要です。これらの計画を策定する際には、すぐには問題にならないものもあります。これらの問題は、シナリオベースの演習を行うグループで最もよく対処されます。これにより、脅威が現実になると、その計画にはすべてのビジネスタスク、部門、重要な業務に影響が及ぶことが保証されます。計画されている問題が多いほど、これらのイベントが発生した場合には、より良い準備ができます。

#19. ある組織において責任のある職務を6か月ごとに入れ替えている。これはどのセキュリティの原則に従ったものか?

〇:ジョブローテーション

ジョブローテーションのポリシーは従業員の職務や仕事の責任をローテーションし、内部的な違反を抑制または発見するものです。

 

✕:職務分離

職務分離は、組織内で有効となる活動に対して1人がすべての操作を可能としないものです。職務はいくつかの権限やチェックに分けられ、一人がすべての操作を可能とすることを妨げます。

 

✕:強制的な休暇

強制的な休暇は、従業員に組織の命令として休暇を取らせる制度です。会社の資産を悪用している場合には、長い休暇を得ることでその実行を抑止し、違反行為の発見の確立も上がります。

 

✕:最小権限の原則

最小権限の原則とは、業務を行うのに必要な分の権限のみを与えるべきであるというアクセス制御の原則です。

#20. 特注でソフトウェアを開発するソフトウェアベンダーに支払っていましたが、そのベンダーが廃業の可能性があります。コードへのアクセスを持っていないため、維持することはできません。どのような方法で同社はこれを防ぐことができるでしょうか?

〇:ソフトウェアエスクロー

ソフトウェアへのアクセス権がないが開発元の廃業の可能性がある場合には、その廃業後の対応を計画しておく必要があります。ソフトウェアエスクローは、第三者がソースコードとコンパイルされたコード、マニュアルのバックアップ、およびその他のサポート材料を保持することを意味します。ソフトウェアベンダー、顧客、および第三者との間の契約を結び、この契約は通常、顧客はベンダーが廃業するときと、記述された責任を果たすことができない、または元の契約に違反した場合にのみ、ソースコードへのアクセス権を持つことができることになるでしょう。サードパーティ製のエスクローエージェントを介してソースコードと他の材料へのアクセスを得ることができるため、顧客が保護されています。よって正解は、「ソフトウェアエスクロー」になります。

 

×:互恵待遇協定

互恵待遇協定という言葉はありませんが、近しい概念に相互扶助協定があります。相互扶助協定(MAA, Mutual Assistance Agreement)とは、施設などを共有することによって、いちじてきな生産プロセスの停止に備えます。

 

×:電子データ保管庫

電子データ保管庫(e-vaulting)とは、電子データ保管庫とは、リモートバックアップサービスを利用して、一定の間隔またはファイルが変更されたときに、バックアップをオフサイトに電子的に送信することです。

 

×:事業中断保険

事業中断保険という言葉はありませんが、事業が中断した際に保険に近しい概念と解釈できます。保険は経済的なリスクに対して適用されることが一般的です。本問題では、ソフトウェアに対するアクセスを継続したいため、ソフトウェアエスクローのほうが適当です。

終了