Braveと電通インターナショナルによりAd Choosersの広告効果を認めるホワイトペーパーが公開される

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

Braveと電通インターナショナルによりAd Choosersの広告効果を認めるホワイトペーパーが公開される

Braveと電通インターナショナルは新しいホワイトペーパーでは、”Ad Choosers”に配信されたブレイブ広告が、従来の広告モデルを使用しているサイト運営者と比較してパフォーマンスを上回ったことを発表した。

在宅勤務やオンラインでの活動が増えたこともあり、世界中でWebサイトの利用時間が増えたことは周知の事実である。つまり、Webサイトの広告が活発化しているのだ。ただし、画面の前に人が多いからといって、必ずしも広告主がターゲットとする消費者が自動的に増えるとは限らない。皆さんもYouTubeの動画を見ていて広告を速攻スキップするのは身に思えはないだろうか?また、昨今の個人情報保護の規制により、さまざまな形式のオンライン広告が困難になっている。更にゆえば、2022年までにサードパーティのCookieを段階的に廃止することが予測されていることを考えると、広告主は効果的なターゲティングに役立つ従来の「監視ベースのメディア製品」を活用できなくなり、デジタルキャンペーンの結果を最大化する方法を真剣に探さなければならないだろう。

しかし、こういったことは心配しなくてもよくなるかもしれない。「Ad Choosers」と呼ばれる、広告にオープンであるが独自の条件での新興広告グループを見つけることができた。これはBraveによって作成されたオーディエンスであり、ブレイブプラットフォームの持つコンテンツ作成者へのチップ基盤が加味されている。

電通インターナショナルは、Braveと提携して、ブレイブプラットフォームでの広告が、他のデジタルキャンペーンと比較して広告主の主要なブランディング指標にどのように影響するかを調査し、ホワイトペーパー「Engaging with Ad Choosers」で、ブレイブ広告が他の同様のデジタルキャンペーンを上回っていることを発表した。

ブランドA:別のデジタルキャンペーンと比較して、広告想起が26%向上
ブランドB:他のキャンペーンと比較して購読する可能性が38%向上
ブランドC:他のデジタルキャンペーンと比較して広告想起が16%増加

参考文献

Brave、「Brave and dentsu international Show that Advertisers’ Messages Resonate with Ad Choosers」、https://brave.com/ad-choosers