コンテンツ配信ネットワーク(CDN)

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)とは

コンテンツ配信ネットワーク(CDN、Content Delivery Network)とは、配信キャッシュサーバーを使用して配信パフォーマンスを向上させ、オンラインコンテンツの待ち時間を短縮する仕組みです。

とても身近なところでは、スマートフォンのOSのアップデートです。

特定の時間にリリースされ、大容量のファイルを複数の端末へ届けなければなりません。サーバやネットワークの負荷は、相当高くなります。

そこで、色々なサーバーに同じコンテンツを持って置き、負荷を分散させるようにします。

エンドユーザーに最も近いサーバーを自動的に決定するため、ユーザーはインターネット上で高速で最も近いサーバーからコンテンツをダウンロードします。

コンテンツ配信ネットワークは可用性を高め、サービス拒否攻撃の影響を減らすこともできます。

例としては、Akamai、Amazon CloudFront、CloudFlare、MicrosoftAzureなどがあります。