仮想デスクトップ基盤(VDI)

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

仮想デスクトップ基盤(VDI)とは

仮想デスクトップ基盤(VDI、Virtual Desktop Infrastructure)とは、デスクトップ環境を仮想化する技術です。

普通、自分専用のパソコンやスマートフォンを持っていて、アプリケーションもその端末の中で処理します。

しかし、データを送ってしまえばデータを処理するのはどこのサーバでもよいわけです。

そこで、処理専用のサーバを用意して置き、データ処理をそのサーバに任せます。

利用者はクライアントPCからネットワーク経由で仮想マシンに接続して、デスクトップ画面を呼び出した上で操作を行います。

VDIではデータ自体をクライアント端末に保持しないため、セキュアな構成ですし、VDIではサーバ上に利用者数に見合う多数の仮想マシンを実装して、それぞれにデスクトップOSやアプリをインストールするためサーバ上で集中管理することから各種ソフトウェアの追加や更新などのメンテナンスが容易になるメリットがあります。

VMware HorizonやCitrix Virtual Apps and Desktopsといった製品が展開されている。