5時限目:データ破壊

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

資産のセキュリティ>保存データの取り扱い

データ破壊

男の子

最近、ハッカーはモテるという安易な考え方からセキュリティに興味を持った普通の男の子。

もの知りおじさん

年を重ねて、いろいろ物知りなおじさん。

 
またスマホのデータ容量いっぱいになっちゃった。
 
 
動画とか簡単に撮れるからすぐいっぱいになっちゃうよね。
 
 
いらないやつ消しとこ。
 
 
実際にはデータは消えてないことがあるよ。
 
 
どういうこと?
 
 
画面上は見えなくして、他に使えるようにしているんだね。
 
 
そうなんだ。
 
 
消し方には気を付けないといけないよ。
 

Brave使ってる?

安全、高速、広告なしになります。

普通のユーザであれば、コンピュータ上のデータが内部でどのように扱われているかなど気にも留めないであろう。削除しましたとポップアップが表示され、目に映らなければ安心するものである。しかし、ゴミ箱を空にしても、ディスクには物理的に残留している。機密データを消したはずのハードディスクであっても油断してはならない。特殊なツールを利用し削除するか、いっそのこと物理的な破壊をする方が望ましい。もちろん、復元できないことを確認するべきだ。

よく使われるSSDは、ラベリングに対して保護機能を持っているため、ディクスフォーマットによるデータ削除は不効率な場合がある。ディスク自体を暗号化してしまい無効化するのも一つの方法だ。