AES(Advanced Encryption Standard)

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

AES(Advanced Encryption Standard)とは

AES(Advanced Encryption Standard)とは、DESの後続として登場したブロック暗号化です。

128/192/256ビットの鍵を利用し、128ビットのブロック暗号化です。

昔は共通暗号化方式もたくさんあり、どれを使って良いのかわからなかったため、一番良い標準になりえるものを決める大会が開かれました。

厳しい選考の結果、最終的にRijndaelという暗号化方式が選出され、これを標準にしようということでAESと呼ぶことにしました。

今日使われている共通暗号化方式は大体これです。

AESの4変換

AESで使う4 種類の変換は、SubBytes、ShiftRows、MixColumns、AddRoundKeyといいます。

この4つの返還を繰り返すことで信頼のある暗号文が出来上がります。

  1. SubBytes:各バイトをテーブルを使って変換
  2. ShiftRows:順番を入れ替え
  3. MixColumns:4バイトごとに行列演算
  4. AddRoundKey:ラウンド鍵を使って変換(XOR)

参考文献

ウィキペディア、Advanced Encryption Standard、https://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_Encryption_Standard