クリッパーチップ

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

クリッパーチップとは

クリッパーチップとは、電話回線のメッセージの暗号化を標準化(EES)したチップです。

鍵供託方式を標準化したものをEES(Escrowed Encryption Standard)といいます。チップごとに鍵が作られており、電話などの会話を暗号化する事ができると安全性をうたっていました。

スキップジャック(Skipjack)アルゴリズムを使い、暗号化していました。ただ、スキップジャック自体に脆弱性があり、安全ではなくなってしまったためほとんど使われなくなりました。

アメリカ国家安全保障局が『これ入れると電話とか暗号化されます 。』と推奨していたのにも関わらず、3年で撤収します。