ザックマン(Zachman)フレームワーク

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

ザックマンフレームワークとは

ザックマン(Zachman)フレームワークとは、各職権に対して、何を、どのように、どこで、誰が、いつ、なぜを決めるエンタープライズアーキテクチャです。

エンタープライズアーキテクチャとは、事業目標を達成するために経営体制を整えることです。

経営体制を整えるためには、各職権のスコープを明確にしなければなりません。

そうしておかないと、しなければならない仕事が残留したり、他と被っている権限があるために職務間で軋轢を生む可能性があるからです。

職権に応じてスコープを明確化

ここでいう職権というのは、人事や営業といった観点とは違います。

  • エグゼクティブの視点 ビジネスの目的と戦略を説明するスコープ
  • ビジネス管理の視点 組織で採用されているエンタープライズモデルおよびプロセス
  • アーキテクトの視点 ビジネス要件がどのように満たされるかを説明するシステムロジック
  • エンジニアの視点 システムの選択を実装するためにテクノロジーソリューションがどのように使用されるか
  • 下請け業者の視点 特定のテクノロジーに関する個別要件
  • エンタープライズパースペクティブ 運用においてユーザーから見たときのシステムの機能

SemanticScholar、https://www.semanticscholar.org/paper/The-Zachman-Framework-For-Enterprise-Architecture/458b055d4884797ec7b2dd758b2ed06c545fda85