ローカルの交換原理

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

ローカルの交換原理とは

ローカルの交換原理とは、物理的に異なるもの同士が会う時、どちらには必ず痕跡が残ることです。

触れ合うということは、反発しているということです。

どんなに小さな力でも加わると、ものの形状は変化します。

形状が変化してしまうと、完全に元に戻ることはありません。

そのため、少なからずへっこんでいるということです。

つまりは、物理的な接触は必ず証拠が残るということです。

参考文献

ウィキペディア、ロカールの交換原理、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%8E%9F%E7%90%86