主体と対象(Subject & Object)

サイバーセキュリティ専門家になるための総合学習サイト

主体と対象

どんなシステムや組織でもデータの交換をしあって、処理を進めてたり物事を解決に導きます。一見複雑な構造に見えますが、データを受け取る側と渡す側という関係性で見ることができます。

ここでは、それが実際に人であるか機械であるかはあまり関係がありません。データのフローを取り扱う上での抽象的な意味合いを持ちます。

とはいえ、考えにくいし覚えにくいので、主体=人、対象=ファイルと覚えておけばよいでしょう。

データの主体(サブジェクト, subject)とは、プログラムなどデータを受け取り、扱う方です。

データの対象(オブジェクト, object)とは、ファイルや物理的な資料、データベースなどデータを持っていてデータを差し出す方です。